白毛のホワイトベッセル誘導馬に [News]
2011/01/27(木) 18:32


 2007年にJRA史上初の白毛馬による勝利を挙げたホワイトベッセル(牡7歳、栗東・安田隆行厩舎)は、26日付で競走馬登録を抹消した。
 ホワイトベッセルは、京都競馬場で乗馬となり、誘導馬デビューを目指すことになる。

 ホワイトベッセルは2004年3月18日生まれ。牡7歳。父クロフネ、母シラユキヒメ(その父サンデーサイレンス)という血統。ノーザンファームの生産で馬主は金子真人ホールディングス。通算成績は17戦3勝。獲得賞金は2890万円。

※白毛馬とは、被毛は全体がほどんど白色であり、僅かに有色の斑紋及び長毛を有するものもある。眼が青いものもある。皮膚はピンクで、一部に色素を有するものがある。芦毛との著しい違いは生時に既に全体が白色を呈していること。

※JRAに所属していた白毛馬はこれまで9頭。ハクタイユー、カミノホワイト、ミサワパール、ミサワボタン、シラユキヒメ、シロクン、ホワイトベッセル、マダムブランシェ、ユキチャン。

(JRA発表による)