1月3日(月)「報知オールスターカップはボランタスが制す」ほか [全国競馬情報]
2011/01/04(火) 16:19


●●報知ACはボランタスが制す●●
 川崎競馬場では地方競馬全国交流の重賞=第47回・報知オールスターカップ(2100m)が行なわれ、地元川崎のボランタスが4コーナー先頭で押し切って、重賞2勝目を挙げた。山崎誠士騎手。2着は大井のブルーラッド、3着は川崎のタンゴノセック。他地区では笠松のマルヨフェニックスの6着が最高。
 ボランタスは父ティンバーカントリー、母ブライダルスイート、母の父サンデーサイレンスと言う血統の牡7歳。山崎尋美厩舎の管理馬。通算24戦7勝。


●●新春賞はキヨミラクル●●
 園田競馬場ではハンデ重賞=第57回・新春賞(1870m)が行なわれ、トップハンデ56kgを背負ったキヨミラクルが制した。川原正一騎手。2着は55.5kgのコスモハレルヤ、3着は牝馬で54kgのゴールドビアース。
 キヨミラクルは父ジョリーズヘイロー、母ミラクルハイ、母の父がシャンハイと言う血統の牡5歳。森澤憲一郎厩舎の管理馬。通算34戦12勝。重賞は1年3ヶ月振り2勝目。


●●福山大賞典はクラマテング逃げ切る●●
 福山競馬場では古馬による長距離重賞=第46回・福山大賞典(2600m)が行なわれ、1番人気のクラマテングが逃げ切った。嬉勝則騎手。2着フォーインワン、3着ファイトオングラス。
 クラマテングは父ニューイングランド、母セルリアンシノ、母の父ブラックスキーと言う血統の牡6歳。江口秀博厩舎の管理馬。通算55戦24勝。


●●天馬賞はキタノタイショウ●● 
 ばんえい帯広競馬場では第4回・天馬賞(BG2)が行なわれ、1番人気のキタノタイショウが勝った。通算60戦20勝。


●●田中学騎手が手術のため再び戦線離脱●●
 兵庫県競馬のホームページによると、兵庫の田中学騎手が負傷箇所に装着していた金属プレートを除去する手術のため、1月25日からしばらく休養に入る事になった。期間は未定。
 2月22日に行なわれるゴールデンジョッキーカップへの出場も見合わせる。

 
(担当:舩山陽司)