藤田直樹アナ「調教助手への転身」 [実況アナ!]
2010/12/22(水) 15:14


先週の競馬で騎手生活を終えて、調教助手への道を選んだ多くの人達の最後のコメントが放送席にも届きました。何か寂しい気持ちでいっぱいです。夢を抱いて騎手への道を選び、苦しい訓練にも耐えてデビューしたにもかかわらず、道半ばにして違う道を選ばなければならなかった本人の気持ちはさぞや苦渋の決断でしょう。

これまでにもいろいろお世話になったジョッキーさんが調教助手の道を選ばれました。皆さん「自分で決断した事だから後悔は無いよ」と、あまり多くを語られませんが、その表情には寂しさが感じられます。勝負の世界だからと言ってしまえばそれだけですが、地方から数多くの人が移籍、そして短期免許での外人騎手の参戦と、今の中堅騎手のおかれた環境は相当厳しいものです。今回決断されなかった人の中にも相当迷った方もおられるでしょう。そういった人達が今後もう少し頑張っていて良かったという状況が少しでもあればと願っています。チャンスが一つでも訪れますように。