【朝日杯FS】(中山)~グランプリボスが外からまとめて差し切る [News]
2010/12/19(日) 16:48


中山11Rの朝日杯フューチュリティステークス(2歳GI・芝1600m)は、5番人気グランプリボス(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒9。3/4馬身差の2着に4番人気リアルインパクトが、アタマ差の3着に2番人気リベルタスがそれぞれ入線。

グランプリボスは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母ロージーミスト(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は4戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 グランプリボス M.デムーロ騎手
「馬場に出たときにいい手応えでしたし、マイルでもこなしてくれると思っていました。スタートが速い馬なので、外枠でも大丈夫と思っていましたが、道中の位置取りは思ったよりも後ろでした。ただ、ハイペースでしたしリラックスして走るという意味ではよかったと思います。最後は本当にいい脚でした。マイラーとして今後すばらしい馬になるでしょう」

矢作芳人調教師のコメント
「審議を待っているときは微妙かなと思いましたが、何があっても競馬だと思って無心で待っていられました。その分、泣き損ねましたが(笑)。手応えはあると見えましたし、あとは直線で前があくかだけが心配でしたがよかったです。挑戦者のつもりでいましたけど、内心燃えるものはありました。割と早い時期から完成されていましたし、折り合いも最終追い切りで完璧につきましたし、心配していませんでした。あとはミルコ(デムーロ騎手)に任せるだけでした。今のまま無事に行ってくれればと思います。自分の適性外の距離では戦わせたくないですし、あくまでもNHKマイルCを今後は最大目標にしていくつもりです」

2着 リアルインパクト F.ベリー騎手
「4コーナーまで馬がリラックスしていて、直線で追い出してからスーッと伸びてくれました。馬自身は頑張ってくれましたが、負けてしまって本当に申し訳ないです」

3着 リベルタス 福永祐一騎手
「イメージ通りスタートも出たし、直線で内もあいてくれました。まだ弾け切れていないような感じもありますし、これからもっとよくなると思います。折り合いも大丈夫でした」

4着 サダムパテック C.スミヨン騎手
「スタートが悪く、中団まで持って行きたかったので、あの位置に行きました。それでも末脚をなくすことはないだろうと思っていました。でも、そのあと急にハミがかりがおかしくなり、コントロールがきかなくなりました。パドックや地下馬道では今日はいい状態だと思いましたが、レースでは最後までリラックスして走れませんでした。馬の力を出し切れなかったです」

5着 リフトザウイングス C.ルメール騎手
「スタート前に馬がナーバスになって、興奮していました。ゲートの中では頭を上下していました。それでもスタートはマズマズ出てくれて、かかり気味になりましたが、レース後半は落ち着いてくれました。直線の反応はよかったのですが、2000mぐらいの距離の方がいいのかもしれません」

6着 マイネルラクリマ 松岡正海騎手
「道中はリベルタスの位置を取りたかったですね。もっとも距離が延びていい馬ですから、これからです」

12着 タガノロックオン 田辺裕信騎手
「初めて乗りましたが、ダートの方がいいのかもしれません」

14着 エーシンブラン 蛯名正義騎手
「外枠だったこともあり、レースの前半は結構ハミを噛んでしまいました。4コーナーまではよかったが、そこで息が切れてしまいました」