【秋華賞】(京都)~アパパネが史上3頭目の牝馬三冠達成 [News]
2010/10/17(日) 16:56


京都11Rの秋華賞(3歳GI・牝馬・芝2000m)は、1番人気アパパネ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒4。3/4馬身差の2着に6番人気アニメイトバイオが、半馬身差の3着に2番人気アプリコットフィズがそれぞれ入線。

アパパネは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ソルティビッド(母の父Salt Lake)。通算成績は9戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 アパパネ 蛯名正義騎手
「無事に三冠をとれてよかったです。道中は前走よりも落ち着いていましたし、すんなりと馬の後ろに入れたので大丈夫だと思いました。この馬を信じていましたし、まったく心配はしていませんでした。国枝調教師には本当にありがとうございますと言いたいですね。三冠の実感はまだわかないですが、スタッフが一生懸命がんばってくれた結果だと思います。みんなに感謝したいです。アパパネには『ありがとう』と声をかけたいです。これからもっと相手は強くなりますが、彼女ならいい戦いをしてくれると思います」

2着 アニメイトバイオ 後藤浩輝騎手
「すがすがしい負けでした。全力を尽くしましたし、女王にあそこまで食い下がって負けたのなら仕方ありません。外を回すのはリスクがありますし、この馬は馬群の中で闘志を燃やして、最後に末脚を発揮するタイプなので、馬群を割って行きました。それにしても、勝った馬は強いですね。来たら来ただけ伸びていくような感じでした」

3着 アプリコットフィズ 武豊騎手
「納得のレースはできました。行きたがるところはありましたが、想定の範囲内でしたし、最後までしぶとかったです。いいレースはできましたし、今後が楽しみです」

4着 ワイルドラズベリー 池添謙一騎手
「距離かな……という感じです。折り合いもついて、いい位置につけられて4コーナーでも物凄い手応えでした。アパパネと一緒に動けば負けないかなと思いましたが、残り50mで止まってしまいました。でも、まだまだこれからの馬です」

9着 アグネスワルツ 柴田善臣騎手
「春のすごくよかった感じと比べると……。前回よりはよくなっていましたが、まだもうちょっとという感じでした」

10着 プリンセスメモリー 高橋義博調教師
「10着でしたが、この馬の競馬はできたと思います」

11着 オウケンサクラ 内田博幸騎手
「うまくいったと思いましたが、伸びませんでした」

15着 エーシンリターンズ 福永祐一騎手
「距離でしょうね。勝ちに行く競馬をしたのですが……」