10月4日(月)「SJT2010第1ステージが終了、トップは荒尾の杉村一樹騎手」ほか [全国競馬情報]
2010/10/04(月) 17:12


●●SJT2010第1ステージが終了、トップは荒尾の杉村一樹騎手●●

盛岡競馬場(小雨・やや重)では、ワールドスーパージョッキーズシリーズへの地方競馬代表騎手を決めるスーパージョッキーズトライアルの第1ステージが、地方競馬を代表する14人の名手によって、計2戦行われた。

第1戦シルバースパー賞は、荒尾の杉村一樹が騎乗したオヤマハリケーンが10馬身差の圧勝で20ポイント獲得。2着は笠松の東川公則で15ポイント、3着は北海道の服部茂史で13ポイントをそれぞれ獲得。
 
第2戦シルバーホイップ賞は、大井の戸崎圭太騎乗のサクラアーバンが勝って20ポイントを獲得。2着は大井の的場文男で15ポイント、3着は兵庫の川原正一で13ポイントをそれぞれ獲得。

この結果、第1ステージのトップは第1戦1着、第2戦6着で計26ポイントを獲得した荒尾の杉村一樹騎手。2位が第1戦は最下位も第2戦を制し、計21ポイントを獲得した大井の戸崎圭太騎手。3位は19ポイントで笠松の東川公則騎手と大井の的場文男騎手が並んでいる。

スーパージョッキーズシリーズの第2ステージは14日(木)門別競馬場で行われ、その結果で、最終的な代表騎手が決定する。


●●白山大賞典の枠順●●

明日5日(火)金沢競馬場で行われる第30回白山大賞典(JpnIII ダート2100m)は11頭立て。ロールオブザダイス、フサイチピージェイ、コスモファントム、パワーストラグルのJRA勢に、金沢転入後14戦13勝(2着1回)というジャングルスマイルがどう挑むのか。発走は明日16時05分の予定。

1枠 1番 ロールオブザダイス(JRA) 57 内田博幸
2枠 2番 ジャングルスマイル(金沢)  56 吉原寛人
3枠 3番 パワーストラグル(JRA)  56 後藤浩樹
4枠 4番 フサイチピージェイ(JRA) 56 安藤勝己
5枠 5番 コスモファントム(JRA)  54 松岡正海
6枠 6番 プティフルリール(笠松)   52 筒井勇介
6枠 7番 ビッグドン(金沢)      56 堀場裕充
7枠 8番 エーシンエヴァン(笠松)   56 花本正三
7枠 9番 ナモンアンブリー(高知)   54 永森大智
8枠10番 ネヴァデザート(金沢)    56 古性秀之
8枠11番 モエレダンスクイン(笠松)  54 吉井友彦


●●“Road to JBC”東京盃の枠順●●

あさって6日(水)大井競馬場で行われる“Road to JBC”第44回東京盃(JpnII ダート1200m)は16頭立て。クラスターカップの上位馬サマーウインド、ミリオンディスクに、スーニらのJRA勢を、アフター5スター賞の上位馬ヤサカファイン、ナイキマドリード、スーパーヴィグラスら南関東勢が迎え撃つ。発走は当日20時10分の予定。

1枠 1番 ケイアイジンジン(大井)  56 的場文男
1枠 2番 ロイヤルボス(大井)    56 御神本訓史
3枠 3番 サマーウインド(JRA)  56 藤岡佑介
3枠 4番 ナカヤマパラダイス(大井) 56 戸崎圭太
4枠 5番 アナモリ(JRA)     54 内田博幸
4枠 6番 スーパーヴィグラス(大井) 56 真島大輔
5枠 7番 ダンディシャーク(大井)  56 和田譲治
5枠 8番 ミリオンディスク(JRA) 56 蛯名正義
6枠 9番 スーニ(JRA)      58 川田将雅
6枠10番 ヤサカファイン(大井)   56 石崎駿
7枠11番 スリーセブンスピン(大井) 56 A・ムンロ
7枠12番 ダイワメンフィス(兵庫)  56 板野央
8枠13番 ステラリード(JRA)   52 三浦皇成
8枠14番 ナイキマドリード(船橋)  56 川島正太郎


●●各地の2歳戦の結果●●

・盛岡競馬場(小雨・やや重)では芝1000mを舞台に2鞍のJRA認定競走が行われた。

3Rは、ボーンキング産駒のリベラルウエイ(村上忍騎乗)が、先に抜け出したトーホクエナジーをハナ差捕えて1着、タイムは1分02秒0、2戦目の初勝利。

4Rは、道中後方を進んだキングヘイロー産駒のセンリライズ(菅原俊吏騎乗)が、逃げたタケデンアイボリーを差し切って1着、タイムは1分02秒0、通算成績3戦2勝。

・大井競馬場(曇・重)では新馬戦が2鞍行われた。

4Rの1000m戦は、グラスワンダー産駒の牝馬プリンセスマーチ(繁田健一騎乗)が1分01秒2で逃げ切り4馬身差の圧勝。

5Rの1200m戦は、スウェプトオーヴァーボード産駒アールルイス(早見多加志騎乗)が1分14秒6で逃げ切った。


(担当:中野雷太)