【フォワ賞(G2)】ナカヤマフェスタ2着、本番へ好感触 [News]
2010/09/13(月) 12:28


12日(日)、フランスのロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞の前哨戦・フォア賞(4歳以上・G2・芝2400m)の結果は以下の通り。蛯名正義騎手とのコンビで臨んだナカヤマフェスタは2着に健闘し、本番へ向けて大いに弾みのつくレースとなった。

●フォア賞
(4歳以上、牡・牝、芝2400m、1着賞金:7万4100ユーロ)
 
(左から、着順、馬番、性齢、騎手、タイム・着差)
1着 5番 ダンカン(牡5)     W.ビュイック  2.35.9
2着 3番 ナカヤマフェスタ(牡4) 蛯名正義      3/4馬身
3着 4番 ティモス(牡5)     C.スミヨン      1馬身
4着 1番 バイワード(牡4)    M.ギュイヨン      クビ
5着 6番 ダリャカーナ(牝4)   C.ルメール   2馬身1/2
6着 2番 シンション(牡5)    O.ペリエ    1馬身1/2


(二ノ宮敬宇調教師のコメント)
「装鞍所ではやる気がみなぎっており、パドックでは心配なくらいでしたが、返し馬では上手く馬の後ろで抑えることが出来ました。蛯名騎手とは、ペースが遅くなることを想定して我慢のレースをするように話しました。レースはスタートも良く、上手く折り合いをつけることが出来ました。その分余力が残っており、終いも伸びたのではないかと思います。 

トライアルとしては非常にいい走りが出来ました。馬についてはレース後もすぐに息が入り、順調です。本番は今日よりもペースが速くなり頭数も増えると思うので、少しでも馬を良い状態にして本番を迎えたいです」


(蛯名正義騎手のコメント)
「久しぶりのレースということもあり、ややテンションが高めでした。レース中も少し力んでいましたが、引っかからずに良いテンポで走ることが出来ました。折り合いもスムーズで、トライアルとして申し分のない走りが出来たのではないかと思います。結果は2着でしたが、ペースが遅かったので仕方がないかなと思います」

(JRA発表)