【小倉記念】(小倉)~ニホンピロレガーロがハナ差を制し、初重賞勝利 [News]
2010/08/01(日) 16:49


小倉10Rの小倉記念(3歳以上GIII・芝2000m)は、9番人気ニホンピロレガーロ(酒井学騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒9。ハナ差の2着に4番人気バトルバニヤンが、1馬身3/4差の3着に1番人気スマートギアがそれぞれ入線。

ニホンピロレガーロは栗東・服部利之厩舎の7歳牡馬で、父アドマイヤベガ、母ニホンピロポリーナ(母の父ニホンピロウイナー)。通算成績は28戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ニホンピロレガーロ 酒井学騎手
「ゴールしてからもどちらが勝ったかわからず、ドキドキしていました。勝ててよかったです。いつもは後方から行く馬ですが、小倉コースでペースが急に上がっても対応できるように、いつもより前めの位置を取りました。うまくついていけましたし、勝負どころでも反応してくれました。直線は祈るように追っていました。自分自身、夏の小倉は相性がいいですね。タイトルを取って、次はこの馬とさらに上を目指したいです」

2着 バトルバニヤン 和田竜二騎手
「どうにかできなかったかなぁ……。ベストポジションで手応えよくスムーズにレースができました。馬場が傷んでいたので、内に行きすぎないように注意もしたんですが……あと一押しなんですがね」

3着 スマートギア 武豊騎手
「あと1秒遅い決着ならもっとよかったのですが……。この馬には少し時計が早かったようです。向正面で外に出してマクる馬についていくような良い形のレースだったのですが、前の馬が止まりませんでしたね」

4着 ナリタクリスタル 幸英明騎手
「もう少し伸びそうで伸びないんです。ただ、まだ上昇の余地はありそうです。4コーナーで馬込みに入るときに少し躊躇するロスがありましたが、そこをもっとスムーズに運ぶことができていれば、もっと前に迫れたと思います」

5着 ステップシチー 川田将雅騎手
「リズムよく、ロスなく内を通るレースができました。クラスとメンバーを考えたら頑張っています」

7着 サンライズベガ 松岡正海騎手
「前走はスタートで後手を踏みましたから、今日はしっかり2番手からいい感じで行っていると思ったのですが、行きすぎたのでしょうか……。コースもピッタリですし、能力もある馬なんですが」