JRA、今週末からオグリキャップ追悼イベントを実施 [News]
2010/07/07(水) 18:55


 先週3日(土)に死亡した「芦毛の怪物」オグリキャップを追悼し、JRAでは今週末から追悼イベントを実施することになった。

★「オグリキャップ追悼競走」の実施
※今週末10日(土)の各競馬場のメインレースには、「オグリキャップ追悼競走」の副題がつく。

○福島11レース 「オグリキャップ追悼競走 松島特別」
○阪神10レース 「オグリキャップ追悼競走 ジュライステークス」
○函館 9レース 「オグリキャップ追悼競走 津軽海峡特別」

★献花台・記帳台を設置
※全国の10競馬場で、7月18日(日)までの各土日に献花・記帳を受け付ける。記帳されたメッセージは、29日(木)に北海道新冠町の「レ・コード館」で実施予定の「オグリキャップ号お別れの会」会場へ届けられる。

★「オグリキャップ追悼写真展」の実施
※7月10日(土)から8月8日(日)までの各土日、競馬開催が行われる各競馬場でオグリキャップのレース写真・引退式・牧場風景などの写真パネルが展示される。

★追悼トークショーを実施(10日・阪神)
※阪神競馬場センターステージで10日(土)昼休み、「さらば『芦毛の怪物』~オグリキャップ号を偲ぶ~」と銘打ってトークショーが行われる。現役時代に管理した瀬戸口勉元調教師を迎え、ターフビジョンの映像でオグリキャップの活躍を振り返り、瀬戸口元調教師に当時の思い出を語ってもらう。司会は、競馬講談師の太平洋氏。

※その他、10日(土)から全国の競馬場、ウインズのターフビジョン、館内モニターで、オグリキャップの特集ビデオを適宜放映するほか、17日(土)と18日(日)に開催競馬場で配布するレーシングプログラムで、追悼特集が行われる。

(JRA発表による)