ひかわ彰人「ヲタは楽し~五葉」 [実況アナ!]
2010/07/01(木) 14:03


 深夜アニメにはまり、燻っていた「アニヲタ」心に火が着いてほぼ一年が経過いたしました。深夜アニメがもう完全に生活の一部と化しており、それに加え最近ではワールドカップのテレビ観戦も・・オッサンの身にはキツい生活ですわ。では暑さと眠気にもメゲずに視続けたこのおよそ3ヶ月間の深夜アニメをいくつか振ります。

 まず「Angel Beats!」ようやく最終回を迎えましたが、この作品がこのクール私のナンバー1。地獄極楽とは異なった死生観を学校という舞台で表したこの作品。現世で理不尽な人生を体験し、青春時代をまともに送れずに死んだ者はこの世界に送られ、あらかじめ用意されたエキストラ(NPC)の生徒達と共に学園で楽しい青春時代を過ごす内に未練を無くして消滅、転生するという世界観の中でのストーリ。最後の最後「Angel Beats!」のタイトルの意味が分かるのですが、あまりに切ない結末、しかし救いはあります。最終回は5回も視てしまいました。麻枝准はいい作品作りますなあ・・ガルデモという鍵になるバンドの演奏シーンは秀逸であります。セリフと文字だけで表す次回予告もいいセンスだと思います。

 さて他はザザッと!「けいおん」は間違いありません、さすが京アニ!「一騎当千XX」はおパンツか・・?「裏僕」はBL祭り、いきなりOPで薔薇ですよ、薔薇!!ストーリーは好きです。「荒川UB」はかなり詰め込んでますなあ・・新房テイストのOP、EDはやくしまるえつことスネオヘアーの曲とともにおしゃれであります。
 
 アニメのチカラ「閃光のナイトレイド」はオリジナル作品として本当に頑張っていますよ。正直、葉加瀬太郎のTMをもう少し使ってくれればその世界観に合いそうなんですが。HIMEKAのEDはいい余韻をプレゼントしてくれます。アニメのチカラは次の「オカルト学園」にもかなり期待しております。「迷い猫オーバーラン」は定番のツンデレ萌えアニ、気楽に楽しめました。「薄桜鬼」もやはりBLでしようね、次のシリーズがありそうなので引き続き注目したいところ、雪村千鶴は健気で彼女の進む先は??
 
 「デュラララ」はダラーズと(ブルースクウェアの混じった)黄巾賊の抗争から(ダラーズリーダー)竜ヶ峰帝人、(黄巾賊リーダー)紀田正臣、(罪歌を宿す)園原杏里がそれぞれに歩み始めましたが、第二シリーズがあると信じております。ノイタミナ枠(関西ではアニメワークですが)の「四畳半神話体系」はまだ最終話を見ておりません、しかしエンドレスエイト状態ですなぁ・・結末が楽しみ、「さらい屋五葉」はあの独特の絵柄が惹きつけられます、「さーて、来週のさらい屋五葉は・・?」これは笑う。
 
 「おお振り~夏の大会編」は三橋が一番成長しましたな、秋大編とかなんとかなるかも?「会長はメイド様」は続きます、白泉社系の作品は私超久しぶりでしたわ。「聖痕のクェイサー」はサルイ・スーの生神女(マリア)をめぐってのサーシャとアデプトのクェイサーとの戦いの後、最終的には・・・・・女?女装?
 
 まあ他にもありましたが次への期待は「黒執事Ⅱ」「世紀末オカルト学園」「ぬらりひょんの孫」「屍鬼」というところでしょうか?
ところで「BLACK LAGOON」のDVD第3期発売に伴い#25のみ(おそらく購買誘導のため)サンテレビと毎日放送があったのですがサンテレビは30分、毎日放送が36分と時間が違いました。加えて「雑役女中」の言葉がサンテレビではカットされておりました。会社による放送コードのスタンスの違いでしょうか?OPカッコいいです、しかし地上波アニヲタの私はじっと我慢であります。
じゃまた3ヶ月ぐらい後にまたアニヲタコラムを書く「かも」知れません、チャオ~!