【ダービー】美浦レポート~アリゼオ [News]
2010/05/27(木) 10:48


 30日(日)に東京競馬場で行われる第77回・日本ダービー(東京優駿・芝2400m)に出走予定のアリゼオについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●アリゼオ (ウィリアムズ騎手)
「今朝の追い切りでは、アリゼオがどんな馬か確認したかった。騎乗した印象は、とても闘争心の強い馬だということ。あとは、全てにおいて順調に来ているなと感じました。日本ダービーでは この馬の強い闘争心を、いかにレースの最後に上手に使ってあげられるかが重要になってくると思います。 レース当日までにアリゼオの過去のレースビデオを見て、当日の天気や馬場も含め調教師と話し合いながら、どんなレースをするか考えたいです。

強力なメンバーが出走してきますが、一番重要なのは自分の馬を、いかに上手に走らせてあげられるかだと思います。大勢のファンを興奮させられるようなレースが出来ればと思っていますので、皆さんも東京競馬場に足を運んで下さい」

●アリゼオ(菅沼調教助手)
「堀調教師からの指示で、今朝はウィリアムズ騎手に馬の感触を確かめてもらおうということだった。ジョッキーは、他の馬と並んだら燃えるタイプ、気の強い馬だねと話していました。追い切りはウッドコースで2頭併せの調教。最後は頭一つ抜けたまま併入。良い感じだったし、ここまでは順調にきました。

あとはレースへいっての折り合いですね。ウィリアムズ騎手は折り合いをつけるのは上手だと思いますので期待しています。枠順がどうというより、スンナリ折り合いがつけば、距離も克服してくれると思っています。 うちの厩舎とウィリアムズ騎手とは天皇賞勝ちのように相性も良いと思っていますし、頑張って欲しいです」

(取材:木和田篤)