【栗東S】(京都)~セイクリムズンが人気に応える [News]
2010/05/16(日) 16:23


京都10Rの栗東ステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は、1番人気セイクリムズン(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0。2馬身半差の2着に9番人気タカオセンチュリーが、アタマ差の3着に2番人気ティアップワイルドがそれぞれ入線。

セイクリムズンは栗東・服部利之厩舎の4歳牡馬で、父エイシンサンディ、母スダリーフ(母の父サウスアトランテイツク)。通算成績は18戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 セイクリムズン 岩田康誠騎手
「レースセンスがよく、すごく乗りやすい馬です。これでもまだ余力残しだったくらいで、追い出してからも余裕がありました。重賞を狙えるくらいの能力があります。この先も頑張って欲しいですね」

2着 タカオセンチュリー 国分恭介騎手
「道中は少し力んで走っていましたが、終いはしっかりと伸びていました。力のある馬です。距離もまったく問題ありません」