【ヴィクトリアマイル】(東京)~ドバイ帰りのブエナビスタがGI4勝目 [News]
2010/05/16(日) 16:55


東京11Rのヴィクトリアマイル(4歳以上GI・牝馬・芝1600m)は、1番人気ブエナビスタ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒4。クビ差の2着に8番人気ヒカルアマランサスが、3/4馬身差の3着に11番人気ニシノブルームーンがそれぞれ入線。

ブエナビスタは栗東・松田博資厩舎の4歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母ビワハイジ(母の父Caerleon)。通算成績は13戦7勝となった。

レース後のコメント
1着 ブエナビスタ 横山典弘騎手
「ホッとしました。最後は内外はなれていましたし、脚も上がっていました。ぬか喜びはしたくなかったので、周囲に確認したほどです。落ち着きはいつも通りでしたが、返し馬で硬く感じました。ドバイへ行って馬も大変だったでしょうし、状態的にはほめられるようなデキではありませんでした。それに正直、手応えもよくありませんでした。それでも差し切ってくれたのですから、馬の底力が違ったということです。このまま順調に行ってくれればいいと思いますし、ずっと乗せてもらいたい馬です。皆様の声援が後押しになりました。本当にありがとうございました」

松田博資調教師のコメント
「正直、これまでと比べると調整にいろいろと苦労がありました。でも、今日の馬の落ち着きを見て、大丈夫だと思いました。このところ長い距離を中心に使っていましたから、久々のマイルに不安もありました。ただ、マイルは過去4戦4勝で、位置取りもかつては後ろからでしたし、最後は届いてくれて、そして勝ててよかったです。レース後も馬はいつも通りでした。次は宝塚記念に向かう予定です」

2着 ヒカルアマランサス 内田博幸騎手
「スタートをうまく出たので、それなりに行こうと思った。行き脚をつけながら、脚をタメていきました。ゴールの瞬間は向こうが出ていたのが見えました。相手は本当に強いですね」

3着 ニシノブルームーン 北村宏司騎手
「スタートは上手に出たけど、マイルの流れで前に入られて、後ろの位置取りになったが、最後は馬が狭いところを抜けてくれて、あきらめずに盛り返してくれた。よく頑張っていると思います」

4着 レッドディザイア 松永幹夫調教師
「うまく乗ってくれましたし、帰ってきて短期間でそれなりのレースはしてくれましたが、相手は強かったですね。1600mで出して行った分、ハミを噛んでしまった。悲観する内容ではないし、無事なら宝塚記念を目標にしたい」

5着 ブロードストリート 藤田伸二騎手
「位置取りもよく、他馬より先にスパートしたんだけど……。もう少しタメられたらよかった」

7着 ワンカラット 藤岡佑介騎手
「直線でうまく伸び返しているし、収穫のある競馬でした」