【中山グランドジャンプ】美浦レポート~バシケーン [News]
2010/04/14(水) 15:16


17日(土)中山競馬場で行われる第12回中山グランドジャンプ(J・GI)に出走を予定しているバシケーンについて、高橋義博調教師のコメントは以下の通り。

「この馬のことを、皆さんは中山の方が良いと言いますけど、僕らは東京の方が合っていると思っています。前走ペガサスジャンプステークスは、中山で勝負をかけるにはある程度の位置で回ってこなければなりませんから、結果からすると、理想的な位置取りでした。スタートした時は出が良すぎて「あっ!」と思いましたけど、他の馬が行ってくれたことで下げられて、いいポジションだなと思って見ていました。

この馬は、使う度に強くなりますし、何かを覚えてきます。未勝利が長く続きましたけど、その経験が活きているようで、このところは安心して見ていられるようになりました。

前回から、一応、このレースのことを頭の隅に意識して、可能性を考えた調教をやってきました。そんなに大きな変化はつけていませんけど、何とかなると思える調教をしています。

使う度に何かを得る馬ですから、初めてのことは、正直あまり上手くありません。不安もあります。全てが初物尽くし、63.5kg、長い距離、障害も初めての物を飛ばなければなりません。ですから、そう大きなことを望んではいません。無事に完走してくれればいいというような気持ちです。結果は、後からついてくるものだと思っています。

馬は、良い状態を維持しています。経験が活きる中山グランドジャンプに初めての参加ですから、この馬が、また何かを得てくれたら上出来だと思っています」

(取材:大関隼、中野雷太)