藤田直樹アナ「安藤勝己騎手は凄い」 [実況アナ!]
2010/04/14(水) 14:30


桜花賞が終了、人気のアパパネが強い内容で勝ちファンの期待に応えました。
強い馬が実力通りの競馬をする、G1競走ではやはり必要ですね。

アパパネの強さと同様、改めて感じた事がありました。それは安藤勝己騎手の凄さです。
この所、体力的な事を考えてでしょう、騎乗馬を減らしてレースに臨んでいます。

乗り数は少ないものの、高松宮記念ではビービーガルダンで追い込んでの惜しいハナ差の2着、
そして桜花賞ではオウケンサクラで逃げの作戦でこれも2着でした。自由自在です。

レースについて話をすると、「いつも作戦はゲートを出てから、あまり考えてもその通りになりませんから」の返事が返ってきます。その通りですが、なかなか実行は難しいものです。

これまでの経験、腕への自信などがそういった言葉になるのだろうと想像しますが、大レースの前にも表情が変わった所を見た事がありません。普段と同じ様に喋る彼の姿には、憧れさえも感じます。

これからも彼のレースへの姿勢は変わらないでしょうし、ファンが納得する騎乗を続けることでしょう。
ライデンリーダーで笠松から乗りに来た時以来、人間的に魅力を感じている騎手の一人、これからも頑張って欲しいものです。

アパパネから買って、オウケンサクラを外したからこそ感じた彼の凄さでした。