【コーラルS】(阪神)~ナムラタイタンが無敗で5連勝を飾る [News]
2010/04/03(土) 16:14


阪神10Rのコーラルステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は、1番人気ナムラタイタン(熊沢重文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒8。3馬身半差の2着に6番人気ワンダーポデリオが、クビ差の3着に2番人気セイクリムズンがそれぞれ入線。

ナムラタイタンは栗東・大橋勇樹厩舎の4歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母ネクストタイム(母の父Afleet)。通算成績は5戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 ナムラタイタン 熊沢重文騎手
「一戦ごとに成長して、強くなっています。まだキャリアは5戦ですし、経験していないこともまだあると思いますが、この馬なら克服してくれるでしょう。このままいけば、大きなところも狙えるはずですし、無事に成長してくれればと思います」

2着 ワンダーポデリオ 福永祐一騎手
「モタれましたし、体もまだモサモサしていました。次はよくなるのではないでしょうか」

3着 セイクリムズン 岩田康誠騎手
「勝った馬が強すぎました。この馬自身は次につながるレースができたと思います」

5着 ビクトリーテツニー 小牧太騎手
「ゲートは出たのですが、芝の部分でモタモタして、動けない位置に入ってしまいました。そこから58キロを背負ってここまで来たのですから、調子がいいようですね」

6着 セレスハント 四位洋文騎手
「いい感じで行けましたが、テンのペースが速かったですね。前半、もう少し楽に行けるといいのですが……」