【毎日杯】(阪神)~ダノンシャンティが差し切り、初重賞V [News]
2010/03/27(土) 16:23


阪神10Rの毎日杯(3歳GIII・芝1800m)は、3番人気ダノンシャンティ(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒3。1馬身1/4差の2着に5番人気ミッキードリームが、3/4馬身差の3着に2番人気リルダヴァルがそれぞれ入線。

ダノンシャンティは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父フジキセキ、母シャンソネット(母の父Mark of Esteem)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ダノンシャンティ 安藤勝己騎手
「終いはしっかりしている馬なので、位置取りはどこでもいいと思っていました。これからクラシックへ向けて、人気になってもおかしくない馬。これでクラシックへ行けるので応援して下さい」

2着 ミッキードリーム 和田竜二騎手
「ケイコでもうひとつの動きだったけど、流れもよかったし、終いもしっかりと伸びていました。これで差されるんだから、勝った馬も強いですね。100%の仕上げじゃないし、上積みがあると思います」

3着 リルダヴァル 内田博幸騎手
「スローペースで後ろに下がる必要もなかったので……。あとは後ろの馬がどれだけ伸びてくるか……だったけど、追い出してからモタモタしていました。久々もあったし、少し気負って走っていました。でも、能力はあるし、何度か使ってくれば本来の動きになってくると思います」