【中山牝馬S(GIII)】(中山)~ニシノブルームーン 重賞初制覇 [News]
2010/03/14(日) 17:31


中山11Rの第28回中山牝馬ステークス(GIIIハンデ、4歳上牝馬、芝1800m)は、道中中団につけた4番人気ニシノブルームーン(北村宏司騎手)が直線の追い比べからゴール前抜け出して優勝。勝ちタイムは1分47秒6(良)。3/4馬身差2着に8番人気ウェディングフジコ、さらにクビ差で3着に9番人気チェレブリタが入った。1番人気コロンバスサークルは4着。

ニシノブルームーンは美浦・鈴木伸尋厩舎の6歳牝馬で、父タニノギムレット、母カプリッチョーサ(母の父Alzao)。通算成績は16戦6勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ニシノブルームーン(北村宏騎手)
「思ったよりもかなり速い感じで前が引っ張っていましたけど、ちょうどいい位置でスムースにリズム良く運べました。最後は各馬が迫って来ましたが、まだ余力も残っていましたから踏ん張れると思いましたし、何とか踏ん張ってくれました。力をつけてきましたし、重賞を勝てて良かったです。大分パワーアップしていますから、この後も順調にいって欲しいものです」

(鈴木伸調教師)
「筋肉もついてきましたし、輸送があまり得意ではありませんから、それがなかったのも良かったです。春はヴィクトリアマイルを当初から目標にしていました。マイルの経験はあまりありませんけど、東京のマイルは乗りやすいと思います」

2着 ウェディングフジコ(吉田隼騎手)
「1~2コーナーで内に入れたかったので、うまくバラけてくれてスムースに入れました。直線も空いたところに突っ込めましたし、ロスのない競馬が出来ました。やったかと思ったんですけど…。勝ち馬とは決め手の差でしょうか。力をつけていますし、競馬が上手です」

3着 チェレブリタ(蛯名騎手)
「直線は平坦の方がいいかもしれませんが、よく頑張っています」

4着 コロンバスサークル(田中勝騎手)
「流れが速かったです。もう少し先行力もあるんですけど…。それともう少しいい馬場でやりたかったです」

5着 レジネッタ(吉田豊騎手)
「道中変に動かないでいい感じで進めました。直線、馬群の中を割って来る感じもあり、こういう競馬が合っているように思います」

6着 ブラボーデイジー(松岡騎手)
「早めに行かないと後ろからつつかれるのは分かっていますが、ペースが速いです。坂のあるコースより平坦の方がいいのかもしれません」

7着 リビアーモ(勝浦騎手)
「脚は使ってくれたんですけど…。前だけが速くて後方は動きがありませんでした。馬は良くなっています」

9着 ジェルミナル(福永騎手)
「太め感なく仕上がっていましたし、競馬は上手に走るのですが、最後は脚がありませんでした」

12着 ザレマ(安藤勝騎手)
「流れが速かったです。4コーナー手前では反応が良くありませんでした」