【弥生賞(GII)】(中山)~ヴィクトワールピサ 人気に応えて4連勝 [News]
2010/03/07(日) 17:09


中山11Rの皐月賞トライアル(3着まで優先出走権)、第47回弥生賞(GII、3歳、芝2000m)は1番人気ヴィクトワールピサ(武豊騎手)が人気に応えた。中団の内々追走から直線も内の狭いところをついて脚を伸ばし、先に抜けたエイシンアポロンをゴール前捉えた。勝ちタイムは2分6秒1(重)。半馬身差2着に2番人気エイシンアポロン、さらに1馬身3/4差で3着に7番人気ダイワファルコンが入り、上記3頭が皐月賞の優先出走権を獲得。

ヴィクトワールピサは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母ホワイトウォーターアフェア(母の父Machiavellian)。通算成績は5戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ヴィクトワールピサ(武豊騎手)
「折り合いもついたし、エイシンアポロンの真後ろで、後はエイシンアポロンが抜けてくれればいいと思っていました。一戦一戦テーマを持って、馬もそれに応えてくれています。大きい馬ですが瞬発力もあるし、乗り味もいいし、これで有力馬の1頭として堂々と本番に臨めます」

2着 エイシンアポロン(池添騎手)
「こんな馬場だったし、調教師と相談して、ある程度前の位置でレースをしようと思っていました。勝ちたかったですが、2000mもこなしてくれたし、収穫がありました。向こうより好位で競馬が出来るのがこの馬の強みです」

3着 ダイワファルコン(北村宏騎手)
「道悪はこなしていた。前に目標がいたし、いい位置で競馬が出来ました。よく伸びてくれたし、素質のある馬だと思います」

11着 アドマイヤテンクウ(安藤勝騎手)
「ウォーミングアップの時からフットワークが今ひとつ。力を入れて走っていませんでした。レースでも1、2コーナーで前へ進んで行ってくれませんでした。馬場としか考えられないですね」