【チューリップ賞】(阪神)~伏兵ショウリュウムーンが初重賞V [News]
2010/03/06(土) 16:52


阪神11Rのチューリップ賞(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は、9番人気ショウリュウムーン(木村健騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分36秒1。3/4馬身差の2着に1番人気アパパネが、アタマ差の3着に8番人気エーシンリターンズがそれぞれ入線。

ショウリュウムーンは栗東・佐々木晶厩舎の3歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ムーンザドリーム(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は4戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 ショウリュウムーン 木村健騎手
「小牧太騎手に走る馬だと聞いていましたので、期待して乗りました。人気馬の後ろで折り合えたら、と思っていましたが、その通りの位置でうまく折り合いがつきました。その分、直線は弾けてくれました。素直で乗りやすい馬。まだキャリア4戦目ですし、もっと強くなってくれると思います」

2着 アパパネ 蛯名正義騎手
「久々と馬場のせいでしょうか。レース内容としては悪くありません。悲観することはありません。本番まで順調にいって欲しいですね」

4着 オウケンサクラ 小牧太騎手
「ゴチャゴチャしたところに入ったし、結果的には位置取りが悪すぎましたね」

5着 ラフォルジュルネ 藤岡康太騎手
「新馬の頃よりも馬がやる気になっています。まだまだよくなりそうですし、これからの馬です」

6着 ストレンジラブ 藤岡佑介騎手
「スタートがよく、ハナに行きました。スローペースでうまく運べました。手前を替えて追い出したときにノメっていました。突き放しかけたところだったので痛かったです。今日はモタれることもありませんでした。走りそうな馬です」

7着 ワイルドラズベリー 浜中俊騎手
「前にカベを作りたかったのですが……。引っかかってしまいました」

9着 ベストクルーズ 安藤勝己騎手
「いい位置につけましたが、3コーナーで下がってきた馬のあおりを受けて、後方に下げざるを得ませんでした。それで位置取りが悪くなってしまいました」

10着 ヴィクトリーマーチ 池添謙一騎手
「直線で内にモタれてしまい、狙ったところに入れず、逆に押し込められました」

14着 オメガブルーハワイ 武豊騎手
「4コーナー手前から手応えがなくなってしまいました」