【クイーンC】(東京)~アプリコットフィズが初重賞V [News]
2010/02/20(土) 16:53


東京11Rのクイーンカップ(3歳GIII・牝馬・芝1600m)は、1番人気アプリコットフィズ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒4。2馬身差の2着に10番人気プリンセスメモリーが、3/4馬身差の3着に2番人気テイラーバートンがそれぞれ入線。

アプリコットフィズは美浦・小島太厩舎の3歳牝馬で、父ジャングルポケット、母マンハッタンフィズ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝となった。

レース後のコメント
1着 アプリコットフィズ 蛯名正義騎手
「この馬の力を出せれば、いい競馬をしてくれると思っていました。レースに関してはゲートを出た感じで組み立てようと考えていました。いいスタートを切れましたし、流れも速くなりませんでしたし、いい感じでした。新馬戦が非常に強かったので、期待していました。あのときは追わないでも伸びていましたから、追った今日はあれくらい伸びますね。関東から桜花賞に向けて、いい馬が出ています。盛り上げていきたいですね」

小島太調教師のコメント
「予定より前の位置につけていましたから、前走のこともありますし、少し不安な気持ちもありました。でも、ゴーサインを出したら弾けましたから、能力が高いと思って見ていました。本番前に3戦でと考えていました。今日がこれで3戦目。もう十分でしょうし、直行する可能性は高いです」

2着 プリンセスメモリー 勝浦正樹騎手
「力んで走っているところもあったし、自分としては決してうまく乗れた感じじゃないんだけど、勝負根性のすごい馬ですね。もう少しうまく運べていれば勝ち負けになったかもしれない感じです」

3着 テイラーバートン 四位洋文騎手
「1番枠だし、ゲートを出たなりに行こうと思っていましたが、逃げる馬がペースを落としながら内に入ってきたので、序盤ハミを噛んでしまったところがあって。3コーナーからは折り合えたんだけど、勝ち馬との差は折り合いの差ですね。いまの感じだと思い切って抑えて行った方がこの馬には合っているのかもしれません」

4着 トーセンフリージア 小桧山悟調教師
「スタートはあんなもの。だんだんエンジンがかかっていく馬で、最後はしっかり伸びるから3着はあると思ったんですが。ここにきて体質も強くなって、よくなっています。田辺騎手とも手が合っていますね」

5着 ブルーミングアレー 小島茂之調教師
「いつもしっかり走る馬で、ここのところ目一杯の競馬が続いていましたから、少し疲れが出ているのかもしれません。ここで一息入れさせる予定です」

7着 ギンザボナンザ 池上調教助手
「ジョッキーも言ってましたが、外枠で前にカベを作りたかったですね。前回、少し前に出して行く競馬をしたせいか、珍しく最初行きたがっていました。ここで賞金をとれなかったので、状態を見てどこかトライアルに向かうことになると思います」