木和田篤アナ「あのラーメン店が人気店?」 [実況アナ!]
2010/02/10(水) 13:33


 今回はラーメンネタを一つ。今から30年近く前・・・・もうそんな歳月が流れているのかぁ・・・改めて振り返るとかなりショックだが。ま、気を取り直して、その30年近く前の高校時代のこと。その頃は東上線を利用して高校に通っていた。当時、上板橋から通っていた友人と登下校が一緒になることがあったのだが、ある時その友人から「地元の上板橋に評判のラーメン屋があるんだよ」と教えられた。「一度食べると病み付きになるけど、とにかく辛いらしい」という話だった。

 そのラーメン屋は、東上線・上板橋駅線路沿いの客が8人も入れば一杯になってしまう程の小さなラーメン屋だった。店名は「中本」。ここで「中本」と聞いてピンとくる人は、かなりのラーメン通だろう。メニューは「北極ラーメン」に「蒙古タンメン」。確か、「北極」が一番辛いラーメンで、その次に辛いのが「蒙古タンメン」だったと記憶している。両方のラーメンに挑戦したことがあるが、「北極」はあまりに辛くて完食出来なかったと思う。「蒙古タンメン」は辛うじて完食することが出来たが、正直、そんなに美味いとは思わなかった。真っ赤なスープに「ひー、ふうー」言いながら、まさに格闘していた感じだった。とにかく辛かったのを覚えている。

 高校卒業後、その「超辛いラーメン屋」の存在は忘れてしまっていたが、ある時、偶然にも地元の池袋でその存在を知った。しかもブレイクして超人気店になっていたのだ。「えっ、マジ」、最初に知ったときは驚いた。あの真っ赤なスープ、お世辞にも綺麗とはいえない手狭な店の、あの「辛いラーメン」が・・・。

 経緯を調べると、中本の味に惚れ込み20年間も通い続けた常連客が、中本で修行して2000年頃に出店したらしい。今では都内に9店舗もあり、コンビニでカップ麺として売られていたこともあった。うーむ、辛いだけと思っていたのだが・・。