【若潮賞】(中山)~リビアーモがG前でとらえる [News]
2010/01/24(日) 16:46


中山10Rの若潮賞(4歳以上1000万下・牝馬・芝1600m)は、1番人気リビアーモ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒7。半馬身差の2着に3番人気マヤノマヤが、1馬身半差の3着に2番人気ソーマジックがそれぞれ入線。

リビアーモは美浦・高橋裕厩舎の5歳牝馬で、父アドマイヤベガ、母ラトラヴィアータ(母の父サクラユタカオー)。通算成績は13戦4勝となった。

レース後のコメント
1着 リビアーモ 松岡正海騎手
「相当高い能力がありますね。オープン級ですよ。歩様が硬いと聞いていましたが、気になりませんでした。体の方は少し重かったかもしれません」

3着 ソーマジック 後藤浩輝騎手
「スムーズなレースができました。最後は休み明けの分ですね。体は以前よりたくましくなっていますよ」

8着 ダイワチャーム 北村宏司騎手
「マイペースで感じよく走っていましたが、終いは案外でした。絡まれてもハナに行った方が自分のストライドで走れそうです」