【紅梅S】(京都)~ワイルドラズベリー 人気に応えて2勝目 [News]
2010/01/17(日) 15:31


京都9Rの紅梅ステークス(3歳オープン、牝馬限定、芝1400m)は1番人気ワイルドラズベリー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。1馬身1/4差2着に7番人気アイアムルビー、さらにクビ差で3着に4番人気ジュエルオブナイルが入った。

ワイルドラズベリーは栗東・中尾秀正厩舎の3歳牝馬で、父ファルブラヴ、母ディアアドマイヤ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は3戦2勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ワイルドラズベリー(浜中騎手)
「競馬が凄い上手で、今日のところは言うことがありませんね。直線もよく伸びてくれますし、この後大レースに向かうことになると思いますが、いい勝負になるのではないでしょうか」

(中尾秀正調教師)
「いい勝ち方、完勝でしたね。これで予定通りトライアルに進めますね。状態を見ながら桜花賞のトライアルのどれかに向かいます」

2着 アイアムルビー(幸騎手)
「芝にもメドが立ったし、幅が広がりますね。これまでハナに行ってばかりで、控える競馬をしたかったのですが、折り合いもつきましたし、問題ありませんでした。次に繋がりますね」

3着 ジュエルオブナイル(蛯名騎手)
「もう少しハミが抜けるといいのですが、少し噛んでいました。それでも我慢したし、内容は悪くありませんよ」

4着 レディアルバローザ(熊沢騎手)
「直線でフラついたり若さを見せましたが、中団で我慢する競馬が出来ました。この内容なら楽しみですよ」

5着 メイショウスズラン(池添騎手)
「距離が短いですね。もう少しあった方が良さそうです。でもまだキャリア2戦ですからね。最後もまた盛り返していますし、もっと良くなる気配がありますよ」