【ニューイヤーS】(中山)~レッドスパーダがクビ差しのぐ [News]
2010/01/16(土) 16:31


中山11Rのニューイヤーステークス(4歳以上オープン・芝1600m)は、2番人気レッドスパーダ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒0。クビ差の2着に1番人気エーシンフォワードが、1馬身3/4差の3着に8番人気トーセンクラウンがそれぞれ入線。

レッドスパーダは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父タイキシャトル、母バービキャット(母の父Storm Cat)。通算成績は8戦3勝となった。

レース後のコメント
1着 レッドスパーダ 横山典弘騎手
「着差以上に強かったですね。このまま順調にいけばいいですね」

2着 エーシンフォワード 蛯名正義騎手
「3コーナーあたりで挟まれて、引っぱるところがあって、そこでリズムを崩したのが大きいです。それでも力のある馬だから、またよく伸びてくれた。いい馬ですね」

3着 トーセンクラウン 江田照男騎手
「スタートは出ていかないから、出していってもあの位置になります。直線も外を回っていたら、3着もなかったと思います。馬群に入っていって、詰まったら仕方ないですね」

4着 マルタカエンペラー 清水美波調教師
「オープン入りして初めてのレースですからね。本当に立派ですよ。それにしても時計が遅すぎますね。秋の開幕週並みですよ。まぁ、もう少し内枠だったら差ももっと詰まったのかもしれませんが、芝の良馬場ならこのクラスでメドは立ちました。東京ならあれだけの差し脚があるんですから、もっと違う形の競馬ができるでしょう」

5着 ダンスインザモア 松岡正海騎手
「終いに来るのはわかっているから、もっと中団ぐらいにつけたいんですが、それができません。具合は戻ってきていますよ」