【カペラS】(中山)~ミリオンディスク 内をすくって重賞初V [News]
2009/12/13(日) 16:25


中山11Rの第2回カペラステークス(GIII、ダート1200m)は5番人気ミリオンディスク(村田一誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分9秒6(重)。クビ差2着に1番人気ダイワディライト、さらにクビ差で3着に11番人気が入った。

ミリオンディスクは栗東・荒川義之厩舎の5歳牡馬で、父アフリート、母ハッピーリクエスト(母の父トニービン)。通算成績は19戦8勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ミリオンディスク(村田騎手)
「前に乗った時よりも良くなっていましたね。強い馬というイメージがあったので、その段階で勝てると思いました。本当は2番手くらいで競馬をしたかったんですが、取れなかった段階で我慢することに決めました。ゴチャゴチャしたところはあったんですが、持ったままで、出るところを探すくらいでした。強いですね。1400mくらいまでは行けそうですが、それ以上はやってみないと分かりませんね。まだ強くなると思います」

2着 ダイワディライト(後藤騎手)
「最後、外の馬は凌いだのですが、内から来られるとは思いませんでした。課題のスタートはクリアして、勝ちパターンの競馬だったんですが、今日の馬場が勝ち馬に向いていたのでしょう」

3着 グランドラッチ(柴田善騎手)
「この馬の脚は使ってくれましたね。ただもう少し流れて欲しかったんですが…。流れ次第では重賞でもチャンスは出てくると思いますよ」