【ジャパンCダート】栗東レポート~ヴァーミリアン [News]
2009/12/02(水) 20:11


12月6日(日)阪神競馬場で行われる第10回ジャパンカップダートに出走予定のエスポワールシチーについて、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●石坂調教師
「前走は苦しい競馬でしたが、力があるから、抜けてこられたと思います。

競馬の後も何も問題無く、今日までやってこられました。大一番も、いつも通りの調教。15秒を切るくらいで行って、終い伸ばす。いつも通りのヴァーミリアンでしたし、順調にきています。ただ追い切りは同じでも、一度競馬を使っていますから、その分安心して競馬に出せます。

年を重ねる毎に、競馬をわかってきています。去年から、ゲートも凄く良くなって、競馬をわかっているなと感じました。体が元気ですから、精神面も成長していますし、精神面の成長は大きいですね。

自分の馬を、万全の態勢で出せれば、それでいいと思います。よくぞここまで走ってくれましたが、まだまだ走れる状態にあると思います。いい競馬をお見せできると思っています。


●武豊騎手
「前走は、よく狭いところに入ってくれたし、勝てて良かったです。去年も今年も、着差はわずかですが、乗っている感じでは、今年の方が体調も良く感じました。とにかく安定して走ってくれて、必ず自分の能力を出してくれる、頼もしい馬です。どんな条件でも走ってくれますし、凄い馬です。

とにかく順調なようで、今朝も良い動きだったと聞いています。ダート競馬はGIも少ないので、少ないチャンスをモノにしたいと思います。

去年は怪我をしてしまい、関係者にも迷惑をかけました。競馬場まで応援にいきましたけど、見ていて悔しい思いをしたので、その分も頑張りたいですね。

長くコンビを組ませてもらって、この馬の強さを一番感じている立場。いい結果を出したいですね」

(取材:中野雷太)