【JBCクラシック】ヴァーミリアンが貫禄の3連覇 [News]
2009/11/03(火) 16:42


 名古屋競馬場で行われた第9回JBCクラシック(JpnI・1900m)は、1番人気のヴァーミリアンが好位から差し切り3連覇を達成した。勝ち時計は2分0秒2。鞍上は武豊騎手。2着は2番人気のマコトスパルビエロ、3着は3番人気のワンダースピード、4着は4番人気のメイショウトウコンで、人気通りの決着となった。地方馬最先着は5着のマルヨフェニックス(笠松)。

 レースはスタートが良かったヴァーミリアンが一旦ハナに立ったが、マコトスパルビエロが二の脚を利かせて先頭を奪い、ワンダースピードが2番手、ヴァーミアリアンは3番手に控え、ブルーコンコルド、マルヨフェニックス、メイショウトウコン等が追いかける展開となった。馬群が密集していたため、ヴァーミリアンは外に出せないまま4コーナーから直線に入り、直線でも外に出さずに、最後は粘るマコトスパルビエロを内から差し切り、頭差で8つ目のJpnIタイトルを手にした。2着マコトスパルビエロ、クビ差3着がワンダースピード。この3頭から4着までは8馬身もの差がついた。

 勝ったヴァーミリアンは父エルコンドルパサー、母スカーレットレディ、母の父スカーレットローズと言う血統の牡7歳。今日の勝利で、JBCクラシック3連覇と共に、史上初のGI(JpnI)8勝馬となった。通算成績は27戦14勝。JRA栗東の石坂正厩舎の管理馬。