10月24日(土)「エアムートン、4年ぶり久々の勝利」ほか [全国競馬情報]
2009/10/26(月) 12:57


●●エアムートン、49ヶ月ぶりの勝利●●

盛岡競馬場(曇 良)で行われた第10競走、きんもくせい賞オープン(芝1000m 12頭)は4番人気のエアムートンが、3コーナー過ぎから馬なりで先行馬の直後に進出して直線で抜け出すと、ラストモアとトーセンザオーの3頭の競り合いを制し、最後はエアムートンがトーセンザオーをアタマ差押さえ、58秒4の時計で久々の勝利を手にした。

勝ったエアムートンは、中央在籍時にマークした2005年9月の勝利から、実に49ヶ月ぶりの久々の勝利となった。エアムートンは父エアジハード母マザーエルフ(母父サンデーサイレンス)の血統、岩手・伊藤和厩舎所属の牡7歳馬。勝利騎手は板垣吉則。船橋(岡林厩舎)在籍時に4勝を上げ、その後2006年4月にJRA(田村康厩舎)に転厩。その後3年間は勝利から遠ざかっていた。そして今年の5月に岩手・伊藤和厩舎に移籍していた。厩舎移籍後の初勝利は、実に4年ぶりの勝利となった。通算成績は33戦5勝(中央21戦2勝)

(岩手競馬HPより)


●●2歳戦の結果●●

〈盛岡〉
盛岡競馬(曇 良)第1競走、2歳戦(1200m 10頭)は、1番人気のトーホクカントリー(櫻田康二厩舎 村上忍騎手)が1分17秒4の時計で5戦目初勝利を挙げた。勝ったトーホクカントリーは、父ティンバーカントリー母トニースーザン(母父トニービン)の血統の牝馬。

盛岡競馬第3競走、JRA認定ホープフル2歳(1000m 10頭)は、最低人気のトーホウマック(千葉四美厩舎 関本浩司騎手)が1分0秒8の時計で6戦目初勝利を挙げた。トーホウマックは父トーホウキング母タイキスプラッシュ(母父Lear Fan)の血統の牡馬。

〈佐賀〉
佐賀競馬(晴 良)第1競走の2歳戦(1300m 8頭)は2番人気のギオンショウリ(九日俊光厩舎 山口勲騎手)が、1分26秒1の時計で2戦目初勝利を手にした。勝ったギオンショウリは父スウェプトオーヴァーボード母ワンモアアリュール(母父ジェイドロバリー)の血統の牝馬。