【府中牝馬S】栗東レポート~エリモファイナル [News]
2009/10/14(水) 19:16


☆10月18日東京競馬場を舞台に行われる第57回府中牝馬ステークス(3歳上牝馬・芝1800m・GⅢ)に出走を予定しているエリモファイナルについて追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎エリモファイナルについて、北出調教師

前々走のストークステークス(1600万下)を勝ったのですが、この時が放牧帰り、体調面が良くて手ごたえ通りの結果でした。その後の米子ステークスの時はこの馬としては過酷なローテーションになって返し馬の時から状態が違うということを騎手から指摘されていました。疲れを抜き切らないままに出走させたことは反省材料です。

本当はその後ポートアイランドステークスを使いたかったのですが除外となってここまで延びました、しかしその分調整が出来てこの馬なりに良くなっています。

先週もCWコースで単走ながら速い時計も出していますので今回東京までの輸送も考慮して坂路で馬なりのお釣りを残すような仕上げにしました。準オープンで牡馬混合のレースで勝ってはいますが今回はオープンで重賞、牝馬限定ではありますが挑戦者の立場でどこまでやれるかという楽しみをもって臨みます。

取材:檜川彰人.