【セントライト記念】(中山)~ナカヤマフェスタ 重賞2勝目 [News]
2009/09/20(日) 16:55


中山11Rの菊花賞トライアル(3着まで優先出走権)、第63回セントライト記念(GII、芝2200m)は先団につけた2番人気ナカヤマフェスタ(蛯名正義騎手)が直線外から抜け出して優勝。勝ちタイムは2分12秒0(良)。半馬身差2着に4番人気セイクリッドバレー、さらにクビ差で3着に7番人気フォゲッタブルが入った。1番人気アドマイヤメジャーは4着。

ナカヤマフェスタは美浦・二ノ宮敬厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母ディアウィンク(母の父タイトスポット)。通算成績は6戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ナカヤマフェスタ(蛯名騎手)
「勝ててホッとしました。中間、馬が良くなっていましたし、とにかく気難しいところを出させないように乗りました。スタートは元々いい馬だし、今日はレースの流れに乗れましたね。良馬場で走れたのも良かったし、最後はズブいくらいだった。距離はもっと伸びても問題ないと思います」

2着 セイクリッドバレー(松岡騎手)
「5~6番手からの指示だったんですが、思った以上に引っ掛かりました。それでも最後伸びてるし、長距離は向かないかとも思ってたんですが、乗った感じがアサクサキングスに似ているので意外に適性があるかもしれませんね」

3着 フォゲッタブル(吉田隼騎手)
「スムースにレースが出来て4コーナーでは勝てると思う程。上位の馬とは強い馬と戦ってきたかどうかの差ですね。馬込みにも怯まないし、引っ掛かるところもないですからね。これから先、本当に楽しみですね」

4着 アドマイヤメジャー(安藤勝騎手)
「位置取りが後ろ過ぎたね。ゲートでちょっとギクシャクしてしまって、スタートして前を取りに行こうとしたら少し行きたがってたし。それでも全体的には落ち着いて走っていたし、距離に問題はないと思うよ」