松田大作騎手 JRA通算200勝、勝浦正樹騎手 JRA通算500勝、佐藤哲三騎手 JRA通算800勝達成 [News]
2009/09/20(日) 17:00


中山3Rにおいて、松田大作騎手(栗東)はケンマに騎乗し1着となり、現役59人目のJRA通算200勝を達成した。

~松田騎手のコメント~
「あと1勝というのは意識していましたので達成出来て良かったです。先週31歳になり、決してこの時点での200勝は早い達成ではないかもしれませんが、今年結婚することもあり、この記録が通過点だったと言えるような息の長いジョッキーになりたいと思っています。まだまだ諦めていません。これからも頑張ります」


中山9Rにおいて、勝浦正樹騎手(美浦)はアロマンシェスに騎乗し1着となり、中央競馬史上78人目、現役29人目のJRA通算500勝を達成した。

~勝浦騎手のコメント~
「あと1勝で500勝というのは正直意識していました。その前に勝てそうなレースがいくつかあったのですが、なかなか勝ち切れずにいたので本当に良かったです。次は501勝を目指します。ファンの皆様のご声援に応えられるよう、これからも頑張ります」


阪神11Rにおいて、佐藤哲三騎手(栗東)はメイショウアサガオに騎乗し1着となり、中央競馬史上33人目、現役13人目のJRA通算800勝を達成した。

~佐藤哲騎手のコメント~
「数字は気にはなっていたのですが、大分前からだったので忘れてしまいました。有力馬に乗せてもらっているので、秋はGIに参加してお客様に喜ばれるようなレースをしたいと思います」