三浦皇成騎手、海外初騎乗初勝利 [News]
2009/09/13(日) 14:41


 三浦皇成騎手(美浦・河野通文厩舎)は、9月12日(土)にフォスラス競馬場で行われた5レース、TOTESPORT.COMハンデキャップ(芝2800m)でロイヤルダイヤモンドに騎乗し、見事1着となった。

●三浦皇成騎手のコメント
「チャンスを与えてくれた調教師をはじめ関係者の皆さん、日本の皆さんにとても感謝しています。1着という結果で、自分をアピールすることができて本当によかったです。レースは、まずゲートのタイミングが難しかったです。敏感な馬だったので折り合いに気をつけて乗りました。調教師の指示通り馬をリラックスさせて走らせ、残り3ハロンから追い出しました。ペースは日本に比べて遅かったですが、日本でのスタイルを崩さないように意識して乗りました。馬の力を引き出すことができ、上手く乗れたと思います。コースは新潟の外回りのような感じで日本と同じようなフラットなコースだったので、今後様々な競馬場で何回も騎乗することで英国の競馬を吸収していきたいです。これからもチャンスを与えてもらえるよう頑張ります」

(JRA発表による)