9月 3日(木)「白毛馬ユキチャン、川崎へ」他 [全国競馬情報]
2009/09/03(木) 21:10


●●ユキチャンがJRA登録抹消、川崎競馬転入へ●●

 JRA・美浦の後藤由之厩舎所属の白毛馬ユキチャン(牝4歳)が、今日付でJRAの競走馬登録を抹消し、川崎競馬に転入することが発表された。

 ユキチャンは父クロフネ、母シラユキヒメ(その父サンデーサイレンス)という血統。デビュー2戦目で白毛馬としては兄ホワイトベッセルに続いて2頭目のJRAでの勝ち星を挙げ、昨年6月の関東オークスを8馬身差の圧勝し白毛馬初の重賞勝ち馬となった。その後は牝馬のダートグレード競走を中心に走ったが勝ち星を挙げられず、JRA所属としては6月10日のマリーンカップ(JpnIII)6着が最後のレースとなった。

(JRA発表による)


●●戸崎圭太騎手、地方競馬年間250勝到達●●

 大井の戸崎圭太騎手は、今日の船橋第2レース(C3一組・1500m)をスマートアピールで勝ち、今年の地方での勝ち星を250とした。戸崎騎手はこの後さらに6・7・11レースも勝って今年の勝ち星を253まで伸ばしている。ちなみに、JRAでも先週までに14勝を挙げており、JRAと地方での勝ち星合計は267となった。

 昨年306勝を挙げて初の地方全国リーディングに輝いた戸崎騎手は昨年を上回るスピードで勝ち星を量産中で、あと4か月でどこまで勝ち星を重ねられるか注目される。


●●2歳戦の結果●●

<門別>
★オープンのJBC協会協賛ストーミングホーム賞(1200m・1着賞金65万円・ネイルセンプー競走除外で8頭立て)は、2番人気のアイファーマーチス(田中淳司厩舎、吉田稔騎乗)が直線外から差し切って勝った。1番人気のレディーキセキは6着。
 アイファーマーチスは父マリエンバード、母ブリッジヘッド(その父パークリージェント)という血統の牡馬。前回の認定未勝利戦アタックチャレンジに続く連勝で通算成績は7戦3勝。

★JRA認定新馬戦のフレッシュチャレンジ(1200m・1着賞金170万円・出走6頭)は、2番人気のセイリングボード(廣森久雄厩舎、五十嵐冬樹騎乗)が3番手から抜け出し、2着馬に1馬身半差をつけて勝った。勝ちタイムは1分15秒4。
 勝ったセイリングボードは父スウェプトオーヴァーボード、母ノーザンプリンセス(その父ノーザンテースト)という血統の牝馬で馬体重は426キロ。母ノーザンプリンセスの6歳下の妹に、メイショウサムソンの母マイヴィヴィアンがいる。

★各馬新馬戦からの折り返し2戦目となる認定戦・ルーキーチャレンジ(1200m・1着賞金120万円・9頭)は、1番人気のブライアンズコンガ(角川秀樹厩舎、桑村真明騎乗)が逃げ切って勝った。父フサイチコンコルド、母ブライアンズビコー(その父ブライアンズタイム)という血統の牡馬。

★認定未勝利戦のアタックチャレンジ(1700m・1着賞金80万円・出走7頭)は、5番人気のサクラミリオン(石本孝博厩舎、五十嵐冬樹騎乗)が直線クビ差差し切って3戦目で初勝利を挙げた。父サクラチトセオー、母サクラミヤビ(その父サクラローレル)という血統の牡馬。

・第1レースの一般未勝利戦(1200m)では、キングヘイロー産駒の牝馬プレストクィーンが勝っている。

<船橋>
★JRA認定の新馬戦(1000m・1着賞金200万円・出走8頭)は、1番人気のカザリムスビが後続を3馬身突き放して逃げ切った。勝ちタイムは1分0秒8。母がエンプレス杯・TCKディスタフを勝ったプルザトリガーの牡馬ロッパツノダンガンは2番手から追ったが2着だった。
 勝ったカザリムスビは父トワイニング、母ニフティディード(その父サンデーサイレンス)という血統の牝馬で馬体重は464キロ。兄には、2006年の黒潮盃・戸塚記念2着のステップクローザーがいる。

<名古屋>
・一般戦(800m・1着賞金37万円)が2つ行われ、ノボジャック産駒の牝馬オテンバ、パラダイスクリーク産駒の牡馬パラダイスラビーダがそれぞれ勝っている。


●●TCKのイルミネーションが「秋仕様」に●●

 華道家の假屋崎省吾さんが演出の世界最大級のイルミネーション「ファンタスティックキャンバス」が、13日(日)から新バージョンに様変わりする。

 新バージョンのコンセプトは「ファンタスティックキャンバス 秋」。コース向正面に設置された世界最大級(縦約8m、幅約450m)のネットスクリーン(約70万球のLEDを使用)に色彩豊かな紅葉が浮かび上がり、TCKの夜空を染める一足早い紅葉狩りを演出する。

これを記念して、公開日当日の13日(日)は、レース間隔をすべて30分とし、通常より多くイルミネーションの演出が行われる予定。

(NAR・TCKウェブサイトによる)


●●7日の福山競馬には西原玲奈騎手・岡部玲子さんが来場●●

 福山競馬では、地方全国交流の重賞=農林水産大臣賞典開設60周年記念瀬戸内賞が行われる来週7日(月)、JRAの西原玲奈騎手とグリーンチャンネルなどで活躍中のフリーアナウンサー荘司典子さんを招き、トークショーなどのイベントを行うことになった。
 なお、西原騎手と荘司さんは、瀬戸内賞のプレゼンター、司会進行としても登場する予定。

(NAR・福山競馬ウェブサイトによる)


(担当:大関隼)