【レパードS】(新潟)~トランセンド 人気に応えて快勝 [News]
2009/08/23(日) 17:00


新潟11Rの第1回レパードステークス(新設重賞、3歳限定、ダート1800m)は1番人気トランセンド(松岡正海騎手)が道中2番手から直線抜け出し、3番人気スーニに3馬身差をつけて勝利を飾った。勝ちタイムは1分49秒5(良)。さらに3/4馬身差で3着に7番人気スタッドジェルランが入った。

トランセンドは栗東・安田隆行厩舎の3歳牡馬で、父ワイルドラッシュ、母シネマスコープ(母の父トニービン)。通算成績は6戦4勝となった。

~レース後のコメント~
1着 トランセンド(松岡騎手)
「強かったですね。逃げた馬に前走で自分が乗っていてしぶといのは分かっていたので、ピタッと2番手につけて行きました。追い出しを待つ余裕がありましたからね。前半のペースが速いと思っていたのでこのくらいの時計になるだろうと思いました。能力はかなり高い馬だと思いますよ」

(安田隆師)
「期待通りの走りでした。この馬のいいところは、スピードと、返し馬で無駄なエネルギーを使わないところです。ただ、まだ馬に幼さを感じるので、逞しさがついてくればさらにパワーアップするでしょう。今日は勝ち時計も(1分)51秒台を考えていたけど、この時計ですからね。夢の広がる勝ち方でした。秋はJCDへ行きたいと思っています」

2着 スーニ(川田騎手)
「2コーナーで少し噛むところがありましたが、よく我慢してくれました。直線はしっかり伸びています。力があるところは見せられましたし、1800mでも大丈夫です」

3着 スタッドジェルラン(佐藤哲騎手)
「乗り方次第では2着があったのかもしれませんが、強いメンバーでよく頑張っています。内々を回っても良かったでしょうか」