7月10日(金)「名港盃(名古屋)はカモンネイチャが制す」ほか [全国競馬情報]
2009/07/10(金) 17:48


●●重賞レースの結果●●
<名古屋>
・名古屋競馬場(天候:曇 馬場:重)で行われた第13回名港盃(第10競走・3歳以上オープン・1着賞金240万円・北陸、東海、近畿、中国地区交流・ダート1900m)は12頭が出走した。
 レースはシーグランジャーが逃げ、昨年の勝ち馬のテキサスイーグルが2番手、3番手がカモンネイチャという体制で、そのまま最後の直線まで入っていった。直線に入って先に先頭に立ったテキサスイーグルをカモンネイチャが差し切って1馬身半の差をつけて優勝した。勝利騎手は愛知の丸野勝虎。3着は5馬身差で1番人気のウイニングウインド。4着のシーグランジャーまで地元の愛知勢が占めた。
 カモンネイチャは、父タヤスツヨシ、母パンプキンブリッジ(母父ブライアンズタイム)という血統。愛知の今津勝之所属の牡6歳鹿毛馬。船橋に遠征した前走の房の国オープンでは6着に敗れたが、ここで勝って重賞2勝目をあげ、通算成績は29戦14勝(中央競馬では5戦未勝利)となった。
 なお、騎乗した丸野勝虎騎手は第9レースに続いて連勝して、地方競馬通算1200勝達成となった。


●●2歳戦の結果●●
<大井>
・大井競馬場(天候:曇 馬場:良)で行われた2歳新馬(第3競走・1着賞金300万円・ダート1000m)は11頭が出走し、4番人気のキンセイフレアがデビュー勝ちした。勝ち時計は1分1秒5。勝利騎手は大井の的場文男。
 キンセイフレアは、スキャンの産駒で大井の渡部則夫厩舎所属の牡2歳黒鹿毛馬。
・大井競馬場(天候:曇 馬場:良)で行われた2歳新馬(第4競走・1着賞金300万円・ダート1000m)はエイワンガールが出走を取り消して9頭が出走し、1番人気のタイセイアドミラルがデビュー勝ちした。勝ち時計は1分2秒1。勝利騎手は大井の坂井英光。
 タイセイアドミラルは、ミラクルアドマイヤの産駒で大井の鷹見浩厩舎所属の牡2歳鹿毛馬。

(担当:小林雅巳)