渡辺和昭アナ 「いやー驚いたな!!」 [実況アナ!]
2009/05/27(水) 11:17


馬のインフルエンザに続き、今度は人に感染する新型インフルエンザが日本に上陸!
まあ、毒性は弱いということで、今では落ち着いてきた雰囲気もありますが、これが、猛毒性だったり、死者が出たりすると思うとゾッとしますね。
春のGIシーズン真っ只中。騎手が何人も感染したら、開催中止なんてことにもなりかねませんしね。

で、そんな中、23日土曜日の障害のオープン戦で事件発生!

このレースは、直線ダートの3300mのレースで、従来のレコードを1秒縮める3分36秒2でエイシンボストンが快勝!ここまではよかった。
しかし、従来のレコードを一気に1秒も縮めた怪走?に疑問が生まれた。
そして、調査の結果、直線も芝コースの発走地点から、スタートしていたことが判明。
実際には15m短かったことがわかった。
夕方、記者会見が開かれ、距離は訂正されて3285mに。タイムも基準タイムになった。
まあ、単純ミスとはいえ、もしレコードタイムにならなければ、だれも疑問に思わず、そのまま終わっていたかもしれない。
ひとくちに発走地点といっても芝の場合は、東京だとA~Eコースで、1つの距離でも5ヶ所も存在すること。結構細かい作業なのね。
で、今回はみなさんにご報告がひとつ。

このJRA55年の歴史の中で初の椿事!わが社の隣のブースで実況していたのは、
あの、雨野風男アナ(仮名・51歳)であったことは、紛れもない事実として、後世に語り継ぐ必要があるだろう。コワイヨー!!ジャンジャン!