【優駿牝馬】(東京)~良血ブエナビスタが2冠達成 [News]
2009/05/24(日) 16:43


東京11Rの優駿牝馬(オークス・JpnI・芝2400m)は、1番人気ブエナビスタ(安藤勝己騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒1。ハナ差の2着に2番人気レッドディザイアが、3馬身差の3着に4番人気ジェルミナルがそれぞれ入線。

ブエナビスタは栗東・松田博資厩舎の3歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母ビワハイジ(母の父Caerleon)。通算成績は6戦5勝となった。

レース後のコメント

1着 ブエナビスタ 安藤勝己騎手
「負けてなくてよかったと思います。ゴールを過ぎてからレッドディザイアと変わったと思っていたくらい、勝った自信はありませんでした。4コーナーの手前で内へ行くか外へ行くか迷ってしまい、しまったと思ったので、今日は馬の力で勝てたようなものですね。うまく捌いて4コーナーで内を通った方が楽だったかもしれません。とりあえずは勝ててホっとしています。この先も無事にいってほしいですね」


2着 レッドディザイア 四位洋文騎手
「今日は上手に来すぎた。1回でも直線で待てればよかった。相手はブエナビスタ一頭だと思っていたし、どうしたら負かせるかを考えていた。でも相手が強かった。牝馬では勝てない強さ。あの競馬をされたらかなわないね」

松永幹夫調教師
「これしかない!という競馬をしてくれました。ただ相手が悪かったですね。今日は馬の気配が良かっただけに残念です。この先は一休みして秋に備えたいと思います」

3着 ジェルミナル 福永祐一騎手
「最初は自分が勝ったと思って、次は四位騎手が勝ったものだと思っていました。こちらはイメージ通りの、これ以上ない競馬だったので、上位2頭は本当に強かったですね」

4着 ブロードストリート 藤田伸二騎手
「ローテーションはキツかったですが、馬は落ち着いていました。ジェルミナル(3着)の後ろでスムーズに競馬が出来ました。前走と同じくらいのいい脚を使っているはずなんですが・・・」

5着 ディアジーナ 内田博幸騎手
「普段なら勝てる時のレース運びでした。4コーナーすぎてからも手応えばっちりだったんですけどね。この先の成長に期待したいです」


6着 デリキットピース 柴田善臣騎手
「3回目で変なテンションになってしまっていたね」

7着 ダイアナバローズ 角田晃一騎手
「中一週でも落ち着いていた。ちょっと折り合いがつきすぎて、ズブい感じだったので、レースは出していった。もう少しハミがかかって欲しかった。大きくは負けていないし、これで力をつけてくれば先々楽しみ」

8着 ハシッテホシーノ 松岡正海騎手
「外、外を回らされてしまった。内ならまた違ったかもしれないが、馬体重とかもう少し増えてきてくれないとねー」