5月14日(木)「東京プリンセス賞(大井)、ネフェルメモリー圧勝で二冠達成」他 [全国競馬情報]
2009/05/14(木) 21:38


●●東京プリンセス賞、ネフェルメモリー圧勝で二冠達成!●●

 晴、良馬場の大井競馬場で行われた南関東牝馬クラシックの第二関門・第23回東京プリンセス賞(SI・1800m・1着賞金2000万円・出走16頭)は、単勝1.1倍と圧倒的人気を集めたネフェルメモリーが好スタートから先手を奪うと、最後まで後続を寄せ付けず逃げ切る完勝で南関東牝馬二冠を達成した。中団で脚をためていた2番人気モエレエターナルは直線追い上げたが3馬身半離された2着、2番手につけていた5番人気ツクシヒメが粘って1馬身半差の3着だった。4着にはメジャーサイレンス、5着にはライトレジーナが入っている。

 勝ったネフェルメモリーは父アジュディケーティング、母ケイアイメモリー(その父フォーティナイナー)という血統。昨年夏にホッカイドウ競馬でデビュー後、暮れに南関東へ移っての初戦・東京2歳優駿牝馬を圧勝。今年初戦の桜花賞(浦和)に続き今回も圧倒的な強さで2冠を達成し、2006年のチャームアスリープ以来史上2頭目の「南関東牝馬三冠」に王手をかけた。通算成績は8戦7勝、重賞はホッカイドウ競馬所属時の栄冠賞、フローラルカップ、南関東転入後の東京2歳優駿牝馬、桜花賞に続き5勝目。

 騎乗した戸崎圭太騎手、管理する船橋の川島正行調教師は牡馬クラシックでもナイキハイグレードで羽田盃を制しており、今年の南関東クラシック完全制覇に向けてまた一歩前進した。

<レース後の関係者のコメント>
1着 ネフェルメモリー
(戸崎圭太騎手)
「いい馬に乗せてもらえて、そして断然の1番人気に応えられて本当に嬉しいです。レースではスタートで出遅れないことだけを気をつけていました。道中はかかることも無く、最後の直線でビジョンを見ましたが手応えも抜群でしたし、勝てたと思いました。とにかくスピードとセンスがあって、素直で自在性もあります。ですからどの距離がいいのかが分からない、という良いところもあると思います。2冠を達成出来て本当に嬉しいです。これからも応援して下さい」

(川島正行調教師)
「強かったね。100点満点をあげてもいいでしょう。スタートを上手く切ることが出来てスンナリとした競馬で、戸崎騎手も今日はかかる所がなかったと言っていました。ですから最後まで手応えある、余裕あるレースが出来たのだと思います。これだけ強いのですから、次は牡馬との対戦も考えなければならないでしょう。ファンの皆さんも期待しているでしょうからね。ですが、次に東京ダービーに使うかは、厩舎へ戻って様子を見て、オーナーとも相談してから決めます。ですから、今はまだ次にどこを使うかはハッキリ決めてはいません。(ナイキハイグレードのライバルになりそうですね?の問いに)そうなるかも知れませんね(笑)」

2着 モエレエターナル (今野忠成騎手)
「折り合いがついて、思った通りのレースはできました。今日のレースには納得しています。さらに距離が伸びても大丈夫だと思います。ただ、桜花賞より差は詰まったけど、やっぱりあの馬は強いね」

3着 ツクシヒメ (坂井英光騎手)
「よく頑張ってくれました。外枠だったので、かえって砂を被らずに行けました。2,3番手で行ければいいな、とレース前に考えていたんですが、ペースがかなり速かったのによく走ってくれました。これでもまだ腰が緩いので、夏を越して秋になればさらに楽しみだと思います」

(取材:小林雅巳)


●●大井競馬で3人の調教師が引退●●

 大井競馬では、5月31日(日)付で矢作和人調教師、高岩隆調教師、高柳恒男調教師の3人が引退することになった。なお、これに伴い、矢作和人厩舎に所属していた有年淳騎手は井上弘之厩舎へ、高岩隆厩舎に所属していた早田秀治騎手は田中康弘厩舎に所属を変更することも発表されている。

★矢作和人(やはぎ・かずと)調教師
 矢作調教師(大井競馬場)は昭和8年6月3日生まれの75歳で、JRAで開業している矢作芳人調教師の父。1963年に調教師免許を取得し、1976年の東京オリンピック記念を勝ったアイアンボーイ、2004年のハイセイコー記念を勝ったトウケイファイヤーなどを管理した。2000年6月から今年3月までは、全国公営競馬調教師会連合会の会長も務めていた。調教師としての通算成績は7068戦751勝(今年5月12日時点・うち重賞6勝)。

★高岩隆(たかいわ・たかし)調教師
 高岩調教師(大井競馬場)は1935年3月26日生まれの74歳で、1971年に調教師免許を取得。主な管理馬には1990年の東京大賞典など重賞6勝のダイコウガルダン、1993年に南関東でアラブ三冠を達成しサラブレッド相手の東京盃でも2着に入ったトチノミネフジ、1996年の東京シティ盃とかしわ記念を勝ったヒカリルーファスなどがいる。通算成績は12日時点で7611戦662勝(重賞は25勝)。

★高柳恒男(たかやなぎ・つねお)調教師
 高柳調教師(大井競馬場)は1935年2月8日生まれの74歳で、1979年に調教師免許を取得。桜花賞、関東オークス、クイーン賞を勝ったハナブサクイン、1997年と1998年の東京盃を連覇したカガヤキローマンなどを手がけた。通算成績は12日時点で6782戦549勝、重賞は7勝している。

(TCK特別区競馬組合リリースなどによる)


●●主な3歳戦の結果●●

★札幌競馬場で行われたオープンの立夏特別(1000m・1着賞金50万円)は、先行した1番人気のウィナーズダンス(松本隆宏厩舎、宮崎光行騎乗)が直線で抜け出して人気に応えた。父ホワイトマズル、母ウィナーズキャロル(その父ディアブロ)という血統の牝馬。ちょうど1年前の5月14日に行われた認定競走ルーキーチャレンジ以来の勝利で、通算成績は13戦2勝(うちJRA4戦未勝利)。

★園田競馬場で行われた3歳A級の特別戦(1700m・1着賞金100万円)は、直線3頭の競り合いから3番人気のスペシャルロッキー(齋藤裕厩舎、川原正一騎乗)が1馬身抜けて勝った。父ニューイングランド、母スプリングフィールドレディ(その父Woodman)という血統の牡馬で通算18戦3勝(うちJRA3戦未勝利)。


●●2歳戦(札幌)の結果●●

★新馬戦からの折り返しとなる認定競走・ルーキーチャレンジ(ダート1000m・1着賞金120万円)が行われ、1番人気のフィールドスピカ(國信滿厩舎、五十嵐冬樹騎乗)がゴール前で外から6番人気サンサンフロアを差し切って勝った。父パラダイスクリーク、母フィールドブーケ(その父ジェネラス)という血統の牝馬。


●●その他主要レースの結果●●

<笠松>
★JNBシリーズ競走の東海クラウン(B級以上オープン、1400m・1着賞金100万円)はボナンザーオペラが出走を取り消して9頭で争われ、1番人気のケイアイカルディナ(森山英雄厩舎、阪上忠匡騎乗)が2番手追走から抜け出して人気に応えた。父フォーティナイナー、母ダジルミージョリエ(その父Carr de Naskra)という血統の6歳牡馬で、通算成績は27戦7勝(うちJRA12戦1勝)。昨年の重賞スプリントを勝った実績がある。

<園田>
★重賞オッズパークグランプリ2009への出走馬選定競走=そのだライオンズクラブ結成1周年記念特別(JNBシリーズ競走第4戦、1400m・1着賞金140万円、アルアルアル除外で10頭立て)が行われ、4番人気のドリカムジャガー(下原理騎乗)が直線最内から抜け出し、タガノコマンダーの追い込みをアタマ差抑えて勝った。1番人気のナリタファントムは2着からクビ差の3着。
 勝ったドリカムジャガーは父ソウルオブザマター、母グッドペイブメント(その父スマコバクリーク)という血統の6歳牡馬で、久野進一調教師の管理馬。通算成績は40戦11勝(うちJRA3戦0勝)。

※JNBシリーズ競走は全国の9つの競馬場で行われ、着順ごとにポイントが入る形式がとられる。そのポイント上位の馬が、各地の代表馬として7月16日(木)に園田競馬場で行われるオッズパークグランプリ2009(1400m・1着賞金1000万円)に出走できる。


●●TCK&JRAコラボイベント「ダブルダービー」開催●●

 大井競馬場で6月3日(水)に行われる東京ダービー(SI)と東京競馬場で5月31日(日)に行われる日本ダービー(JpnI)の2つのダービーを記念し、TCK&JRAコラボイベント「ダブルダービー」が実施されることになった。

 東京ダービーと日本ダービーの勝馬投票券「それぞれ500円分以上(合計1000円分以上)」を封筒に入れ応募すると、抽選で豪華賞品をプレゼントされる。

<応募方法>
(1)5月31日(日)に東京競馬場で行われる「日本ダービー」の勝馬投票券500円分以上
(2)6月 3日(水)に大井競馬場で行われる「東京ダービー」の勝馬投票券500円分以上

(1)と(2)を「どちらも」封筒に入れて、

〒140-0012
東京都品川区勝島2-1-2 特別区競馬組合「ダブルダービー応募係」
まで郵送する。6月6日(土)の消印まで有効。当選発表は賞品の発送をもって発表にかえる。

<当選賞品>
★ダブルダービー賞
VISAギフトカード1万円分(30名)

★TCK賞
(A)大井競馬場L-WINGペア招待席(7月22日分、5名)
(B)大井競馬場L-WINGペア招待席(7月20日分、5名)
(C)羽田盃キャップ(30名)
(D)東京ダービーTシャツ(30名)

★JRA賞
(A)ターフィーダイカットマット(50名)
(B)ターフィーフェイスタオル(50名)

<注意事項>
※1人で何口でも応募可能
※勝馬投票券の合計額が1000円以上でも、各レースの勝馬投票券が500円に満たない場合は無効となる
※的中した勝馬投票券の場合はコピーで応募可能
※提供された個人情報は、このキャンペーンの抽選および賞品発送のみに使用される

(TCK特別区競馬組合リリースによる)


(担当:大関隼)