【プリンシパルS】(東京)~ケイアイライジンとアントニオバローズがダービーの優先出走権を獲得 [News]
2009/05/09(土) 16:39


東京11Rのプリンシパルステークス(3歳オープン・ダービーTR・芝2000m)は6番人気ケイアイライジン(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒9。アタマ差の2着に1番人気アントニオバローズが、クビ差の3着に5番人気ヒカルマイステージがそれぞれ入線。

ケイアイライジンは美浦・尾形充弘厩舎の3歳牡馬で、父Came Home、母ポストパレード(母の父A.P. Indy)。通算成績は6戦3勝となった。

レース後のコメント

1着 ケイアイライジン 柴田善臣騎手
「道中折り合いが心配でした。掛かるところが何回かありましたが、今日は折り合い面については克服できたと思います。練習では乗っていましたけど、本番の競馬とは違うので不安がありましたが、見事な差し切りでしたね。ダービーへ向けていいレースができました」

2着 アントニオバローズ 武田博調教師
「皐月賞の時はセイウンワンダーに寄られたけど、今日は普通にスタートが切れました。4コーナーで少しフワフワしたけれど、左回りも初めてで、早めに先頭に立つ競馬も初めてで、もっとソラを使うなどで自分でブレーキをかけるかなと思ったけど、何とか課題をクリアしてくれましたね。ダービーの出走権も手にしたし、まだ余裕残しの調整だったから、次は『ダービー仕様』で臨みますよ。キッチリ仕上げます。ただ、皐月賞から中2週で使って、中3週でまた東京に来るわけで、イレ込まないように気をつけたいですね」

3着 ヒカルマイステージ 横山典弘騎手
「馬はよく頑張ってくれました。今度は秋ですね。これから良くなっていくでしょう」

4着 イコピコ 御神本訓史騎手
「ゲートを出るタイミングが悪くて、出遅れてしまったのが痛かったです。出遅れがなければ、もっと上位争いができたはず・・・。前回も上がり33秒台のいい脚を見せてくれたし、今日の競馬を見てもいい脚を見せているだけにもったいなかったですね」

5着 ヤマニンウイスカー 赤木高太郎騎手
「前に行って、競馬はしやすかったですね。伸びて3番手くらいまでは届いたんですが、その後が・・・。最後は少し決め手を欠いてしまいました」

6着 キタサンガイセン 内田博幸騎手
「トモがしっかりしてくれば違ってくると思います。坂の勾配はこの馬にはきつかったですね」