【かしわ記念】(船橋)~レース後の関係者のコメント [News]
2009/05/05(火) 19:15


 今日船橋競馬場で行われたダートグレード競走・第21回かしわ記念(JpnI・1600m)のレース後の関係者のコメントは以下の通り。

1着 エスポワールシチー
(佐藤哲三騎手)
「むちゃくちゃ嬉しいですね。今日は気合いが入るところと抜けるところの差が大きかったので、あまり急かして行かない方がいいかな、と思っていました。あの形も考えていましたし、この馬場なのでハナに行くことも考えていたんですが、せっかく前回も下げる競馬を松岡(正海騎手)と一緒に研究してああいう(2番手に控える)形になったので、今回ももう少し下げて、切れ味を生かす競馬も考えていました。
 フリオーソとかカネヒキリとかは気にしてはいたんですけど、まずは自分の馬のリズムで乗って、この馬に調教から乗って、僕がやりたいと思っていたことをやれたと思ってます。
 手応えはバッチリでしたけど、早めに抜け出して馬がやめてしまわないように、我慢しすぎてもカネヒキリが怖かったですが、思ったようには行ったし、エスポワールシチーも頑張ってくれたと思います。 
 この馬はスピードと推進力があるのが良いところなんですけど、もっと効率よく走れるフォームは出来上がってくると思います。まだまだ効率が良くないところもあるんで、その辺りを厩舎の方々と研究して、いい走りが出来るように育てていきたいですね。
 ようやく完成の域に入ってきたかな、と思うので、これからは強いエスポワールシチーをいつも見せられるように頑張ります。これからも応援して下さい」

(安達昭夫調教師)
「レースについては騎手に任せていました。佐藤哲三騎手の好騎乗でしたね。最後の直線でカネヒキリが来てヒヤヒヤしたけどね(笑)。この後はさらに成長を促すために休ませるか、帝王賞を使うか、戻ってから考えたいと思います」

2着 カネヒキリ
(内田博幸騎手)
「道中は良い感じでしたが、エンジンがかかったところでガクッときました。どうも左前脚に異常が起きたのか…そこからは左にモタれて走っていました。気になって入線後に下馬したんですけどね。せっかくいい馬に乗せてもらったのに、結果を出せなくて申し訳ありませんでした。もしも何らかの異常があったとしても、ここまで復活してきた馬なので、また挽回してくれると信じています」

(角居勝彦調教師)
「道中モタれて走っていたようですね。この後は何も無ければ戻って様子を見て、何も異常がなければ、予定通り帝王賞に向かいたいと思います」

3着 フェラーリピサ
(岩田康誠騎手)
「この馬場だったから前に出して行きました。ただ1~2コーナーで行きたがってしまいました。そこで抑えられていたら、また違っていたと思います」

(白井寿昭調教師)
「ジョッキーはうまく乗ってくれたけどね。ただ前半少しハミを噛んだかな。この後は放牧に出して休ませる予定です」

4着 ボンネビルレコード (的場文男騎手)
「牧場から戻ってきて3か月ぶりだったせいか、状態が本物じゃなかったですね。ただ、それでも終いは切れたし、これからまだまだやれる馬ですよ」

5着 フリオーソ (戸崎圭太騎手)
「(前回のダイオライト記念から)距離が急に短くなって、馬が戸惑っていたようです。利口な馬なので、この距離でも慣れれば走れるとは思います」

8着 アジュディミツオー (三浦皇成騎手)
「初めて乗ったので比較はつきませんが、状態が本当なら最後にもうひと伸びしたんでしょう。これから使っていけば、良くなってくると思います」


(取材:小林雅巳)