【コーラルS】(阪神)~セントラルコーストが人気に応える [News]
2009/04/04(土) 16:48


阪神10Rのコーラルステークス(4歳以上オープン・ダート1400m)は、1番人気セントラルコースト(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒2。1馬身差の2着に2番人気オリジナルフェイトが、3/4馬身差の3着に11番人気アンクルリーサムがそれぞれ入線。

セントラルコーストは栗東・池江泰寿厩舎の4歳牡馬で、父War Chant、母Taine(母の父Sir Ivor)。通算成績は10戦5勝となった。

レース後のコメント
1着 セントラルコースト 川田将雅騎手
「ゲートがよくないと聞いていたので、その点だけを注意して乗りました。レースはいいスタートを切ってくれましたが、馬力がかなりある馬なので、掛かり気味に行きました。でも、3コーナーでは落ち着いてくれました。直線では前に離されましたが、そこからしっかり伸びて、オリジナルフェイトをつかまえてくれました。いい馬ですね」

3着 アンクルリーサム 四位洋文騎手
「今日は行けたら行こうと思っていましたが、オリジナルフェイトが行ったので控えました。砂を被っても辛抱してくれましたし、最近では馬に弱いところがなくなってコンスタントに競馬に使えるようになったのも大きかったですね。こういうレースを続けていけばチャンスは回ってきそうです。そういう意味で収穫の多いレースでした」

4着 ペプチドルビー 荻野要騎手
「反応もよかったのですが、前残りのレースでポジションが後ろ過ぎました」

5着 イブロン 藤岡佑介騎手
「この1400mはいいですね。内枠から終いよく来ていますからね。前が止まらない馬場でよく差してきてくれました」