木和田篤アナ「シュート打ちの名人との思い出」 [実況アナ!]
2009/02/11(水) 19:50


野球は子供の頃から観るのもやるのも大好きだった。中学生の頃だったと記憶しているが、スポーツ新聞社主催の野球教室に参加したことがある。第1回の記念すべき野球教室だったと思う。講師は往年のスター選手、秋山登さんや近藤和彦さん、そして山内一弘さんと錚々たる顔触れだった。

参加していた野球少年達も大勢いたが、運良く山内さんにバッティングフォームを見てもらう機会に恵まれた。手とり、足とり丁寧に教えてもらったことを覚えている。現役時代の記憶は無かったが、当時売出し中だった掛布雅之選手のバッティングコーチを務めていたことや、現役時代はシュート打ちの名人と言われていたことは知っていた。コーチ時代は、一度教え出すと止まらないことから「かっぱえびせん」というニックネームで呼ばれていたことは、その後になって知った。確かに、この野球教室の時もとても熱心だった。子供達相手の野球教室ながら、丁寧に熱く語りかけ、そして何より眼鏡の奥の眼差しが、とても優しかったのを鮮明に覚えている。

先日、スポーツ紙で「山内一弘氏死去」のニュースを目にし、遠い昔の野球教室を思い出した。心からご冥福をお祈り致します。