12月のMVPは木和田アナ。打率は、なんと8割7分5厘! [実況アナ!]
2009/01/13(火) 13:03


 2008年が終了しました。12月の万馬券を振り返ります。まず100万超の万馬券は以下の5つでした。

12月 7日(日)阪神・12レース 3連単105万7640円 (実況担当・舩山)
12月14日(日)阪神・ 2レース 3連単127万2400円 (実況担当・中野)
12月14日(日)阪神・ 5レース 3連単101万9720円 (実況担当・中野)
12月14日(日)阪神・10レース 3連単406万5050円(実況担当・木和田)
12月20日(土)中京・  愛知杯 3連単144万120円 (実況担当・木和田)
[参考記録]
 12月28日(日)中山・ 有馬記念 3連単98万5580円 (実況担当・小林)
 12月28日(日)中山・11レース 3連単96万490円  (実況担当・小林)

 では、12月の月間MVPの発表です。MVPは、木和田アナです!木和田アナは、ご覧のとおり阪神の406万馬券のレース(六甲ステークス)を実況し、続く翌週の中京では144万馬券となった愛知杯も実況しました。また、それだけではなく12月は、なんと24のレースを実況して21ものレースで万馬券が出たのでした。打率は驚異的な8割7分5厘!選考委員会では、「木和田アナの成績はMVPにふさわしい。惜しかったのは小林アナだ。有馬記念とその後のハッピーエンドカップがともに100万超の大万馬券になっていたなら、かなりインパクトが大きいので逆転MVPということもあったかもしれない」という声が出ていました。

 さて、トータル成績についてですが、『2008年万馬券レース実況リーディングアナウンサー』の発表は気を持たせて申し訳ありませんが、来週発表します。2008年で最も興奮したあのレースのような劇的な結果となりました。来週の発表をどうぞお楽しみに!