【メイクデビュー】(阪神5R、6R) [News]
2008/12/21(日) 14:42


阪神5Rのメイクデビュー阪神(牝馬限定・芝1600m)は1番人気ブロードストリート(後藤浩輝騎手)が先団追走から直線抜け出し、3番人気フローズンダイキリに2馬身差をつけて優勝。勝ちタイムは1分38秒8(良)。さらに1馬身3/4差で3着に11番人気フライキャッチャーが入った。ディープインパクトの半妹ランズエッジは2番人気に推されたものの6着に敗退。

~レース後のコメント~
1着 ブロードストリート(後藤騎手)
「素材は一級品。勝たなければいけない競馬でした。ただ、次を考えて負担にならないよう大事に乗りました。お客さんの傘に物見をするところはありましたけど、最後も流す程度。内容も完勝でした。どんな競馬でも出来ると思います」

2着 フローズンダイキリ(デムーロ騎手)
「反応もよく、癖もなく、よく伸びてくれました。走ると思いますよ」

4着 シルクジャスパー(渡辺騎手)
「スタートも決まって、よく走ってくれました。距離が延びてもよさそうですし、これからよくなりそうですよ」

6着 ランズエッジ(藤岡佑騎手)
「血統的には人気になってしまいますからね。だけどまだ乗り込みも少なく調教もまだ足りないと思います。でもこのレースを使って良くなってくると思います。平坦でスピードを生かすような舞台の方がいいような気がします」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は1番人気 エイシンクエスト(浜中俊騎手)が好位追走から直線抜け出し、6番人気ラガーキセキに1馬身3/4差をつけて優勝。勝ちタイムは1分24秒0(良)。さらに1馬身1/2差で3着に3番人気ロングプレジデントが入った。

エイシンクエストは栗東・野元昭厩舎の2歳牡馬で、父コロナドズクエスト、母アスクコマンダー(母の父コマンダーインチーフ)。

~レース後のコメント~
1着  エイシンクエスト(浜中騎手)
「まだまだ体が緩いですね。また、コーナーで外へ膨れるなど幼いところがあります。でも追ってしっかりしています。トモがもっとパンとしてくればもっと良くなってきます。うるさいところがある分、前向きな気性で新馬戦向きだったかもしれません。ただこれからは折り合いが課題になりそうですね」

2着 ラガーキセキ(後藤騎手)
「今の段階ではほぼ理想通りのレースが出来ました。4コーナーでもいい手応えでしたが、少し前に降った雨の影響が少し非力なこの馬には堪えたかもしれませんね」

3着 ロングプレジデント(渡辺騎手)
「まだ頭が高いですね。勝負どころでフワッとするところがありました。でも直線は追ったら反応よく伸びてくれました」

4着 ジュモー(藤岡佑騎手)
「ゲートの出がもう一つでしたが、その後はバランスよく走ってくれました。テンションがまだ高いですね。これを使ってよくなってきそうです」

5着 サンダーセブン(デムーロ騎手)
「外の馬に寄られる不利が痛かったですね。でも最後はよく伸びてくれました」