福永祐一騎手、史上23人目のJRA1000勝達成(11月30日・京都) [News]
2008/12/02(火) 12:04


 福永祐一騎手(栗東・フリー)は11月30日(日)に行われた京都競馬第12Rでオリオンスターズに騎乗して1着となり、JRA通算1000勝を達成した。
 通算1000勝は中央競馬史上23人目、現役では10人目の記録。

 福永騎手は1976年(昭和51年)12月9日生まれ。1996年3月1日に免許を取得し、3月2日に中京競馬第2Rをマルブツブレベストで勝ち初勝利を挙げて以来8947戦して1000勝達成となった。
 通算の重賞勝ちは63。GIは13勝を挙げている。

<福永祐一騎手のコメント>
 1000という大きな区切りが近づくにつれて、周りの反応も大きくなり、自分でも意識し始めました。福永洋一の息子として競馬の世界に入り、父に縁のある方々に支えられ、ここまでやってこれました。
 先日、父の勝利数を越えたことで自分の中でもおもりが取れ、福永祐一個人として歩み出せたような気がします。まだ牡馬クラシックや天皇賞、有馬記念など勝っていませんが、一頭一頭丁寧な騎乗を心がければ、これらを狙えるような馬にも巡り会えると思います。
 デビューから12年間、当初から大勢のファンの方に応援していただき、ここまで来ることができました。これからも1年でも長く騎乗していけるよう頑張って参りますので、応援よろしくお願いします。

(JRA発表による)