【東京スポーツ杯2歳S】(東京)~ナカヤマフェスタが重賞制覇 [News]
2008/11/22(土) 16:38


東京11Rの東京スポーツ杯2歳ステークス(2歳オープン・GⅢ・芝1800m)は9番人気ナカヤマフェスタ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒7。クビ差の2着に1番人気ブレイクランアウトが、1馬身1/4差の3着に4番人気サンカルロがそれぞれ入線。

ナカヤマフェスタは美浦・二ノ宮敬厩舎の2歳牡馬で、父ステイゴールド、母ディアウィンク(母の父タイトスポット)。通算成績は2戦2勝となった。

レース後のコメント

1着 ナカヤマフェスタ 二ノ宮敬宇調教師
「嬉しい。前走より落ち着いてはいましたが、返し馬はガーッと行ってしまったし心配していました。ところが、レースでは折り合っていました。ジョッキーが上手く乗ってくれました。いいところがあれば、大きいところへ行こうと思っていたのですが、いいところがありすぎて今後どうするかはかえって迷っています。返し馬や普段、もっと大人しくなるように工夫していかなくてはいけませんね。時間をかけて直したいと思います」

2着 ブレイクランアウト 武豊騎手
「楽に突き抜けるかと思ったのですが、勝った馬を見ながら少し脚を突っ張る感じもあった。まだ楽なレースしかしていなかったし、まだこれからです。もっと伸びてきそうです」

4着 ダノンカモン 福永祐一騎手
「ゲートでの駐立はマシでしたが、スタートは遅かったですね。直線ギューンと伸びましたが、あと1ハロンで止まってしまいました」

6着 マッハヴェロシティ 柴田善臣騎手
「雰囲気は良かったのですが、ゲートでトモを落としてしまいました」

9着 ヒラボクエクセル 後藤浩輝騎手
「行きたがって止められませんでした。ハナに立って落ち着きましたが、今日の感じだと短い距離か、コーナーの多いコースが良いでしょうかね」

10着 メイショウドンタク 藤田伸二騎手
「馬にやる気がなくて、緩いペースなのにずっと追い通しでした」

13着 ピサノシンボル O.ペリエ騎手
「スタートは悪くなく、プラン通りにいけました。両方から挟まれてしまったのですが、ハミに敏感な馬でその時に手綱を引っ張らざるを得ず、その時にレースが終わってしまいました」