11月18日(火)「レディースジョッキーズシリーズ、増澤騎手トップ」ほか [全国競馬情報]
2008/11/18(火) 19:26


●●LJS第1ラウンド、増澤騎手がトップ●●

 金沢、高知、荒尾の3つの競馬場のシリーズ(3ラウンド6レースの総合ポイント制)で女性ジョッキーの実力を競う、レデイースジョッキーズシリーズ2008が今日18日から金沢競馬場で開幕。

 金沢競馬場第9レースLJS2008第1戦「加賀友禅賞」は、1番人気のヴィーナスイモンが2着に5馬身の差をつけ1分38秒3の時計で勝った。騎乗していたJRA所属の増澤由貴子騎手がポイント20を獲得。2着にツーリスト(福山・池本徳子騎手)が入り、3着にテンシノクリーン(JRA・西原玲奈騎手)が続いた。

 金沢競馬場10レースLJS2008第2戦「イーバンク銀行賞」は1番人気のテレパシー(荒尾・岩永千明騎手)が1分37秒0の時計で大差勝ちした。2着にアジアンティック(浦和・平山真希騎手)、3着にコルシカタイム(高知・別府真衣)が入った。シリーズの第1ラウンドを終えて、第1戦1着、第2戦4着のJRA増澤由貴子騎手が31ポイントを獲得してトップ、荒尾の岩永千明騎手が27ポイントで2位、福山の池本徳子騎手が24ポイントで3位となった。第2ラウンドは11月28日に高知競馬場で行われる。

 [増澤騎手のコメント]
「いつもと違う競馬場で乗ることが出来てドキドキしながらも楽しかったです。(1戦目は)久々の勝利で嬉しかったです。高知・荒尾ラウンドもファンの皆さんに喜んでもらえるレースをします。総合優勝目指して頑張ります」


●●2009年ダートグレード競走について●●

 来年の中央・地方ダートグレード競走について、日本グレード格付け管理委員会において格付けが行われ、主な変更点が発表された。

来年2009年は50競走(うちG:13、JPN:37)が実施され、全体の競走数は08年の49競走と比べて1競走増となる。

●09年の主な変更点

(新規格付け) 東京スプリント (4月、大井1200m 4歳以上)

(実施場・距離などの変更)
北海道スプリントカップ  旭川 → 門別
ブリーダーズゴールドカップ  旭川2300m  →  門別2000m
エルムステークス    JRA札幌1700m  →  JRA新潟1800m
エーデルワイス賞    旭川1600m    →   門別1200m
JBCスプリント    園田1400m    →   名古屋1400m
JBCクラシック    園田1870m    →   名古屋1900m

※ガーネットステークスはカペラステークス移設により廃止。08年の実施を取り止めた高知競馬の黒船賞については、09年、10年ともに実施される。

(地方競馬全国協会発表リリースより)    


●●各地の2歳戦の結果●●

〈門別〉
 今日18日、門別競馬場(晴 稍重)で行われた第1競走、2歳未勝利戦(1200m 12頭)は、6番人気のフレンズオペラが1分17秒8の時計で勝った。フレンズオペラは父オペラハウス母スイートミスズ(母の父リーチ)の血統、恵多谷豊厩舎所属の牝馬。勝利騎手は佐々木国明。通算成績は9戦1勝。

 門別競馬第2競走、2歳未勝利戦(1000m 12頭)は、7番人気のシセイアカネが1分04秒2の時計で8戦目にして初勝利を挙げた。シセイアカネは父マーベラスサンデー母ミスダリア(母の父ダハ―ル)の血統、原孝明厩舎所属の牝馬。勝利騎手は黒澤愛斗。

 門別競馬第5競走、JRA認定アタックチャレンジ2歳(1000m 12頭)は2番人気のウォーターショットが、1分02秒3の時計で4戦目で初勝利を挙げた。ウォーターショットは父アッミラーレ母スパイシーレディー(母父ブレイヴェストローマン)の血統、若松平厩舎所属の牝馬。勝利騎手は佐々木国明。

 門別競馬第8競走、JRA認定アタックチャレンジ2歳(1800m 12頭)は4番人気のソリドールが、2分0秒2の時計で14戦目にして初勝利を挙げた。ソリドールは父ツルマルボーイ母ベルアリュール(母の父リアルシャダイ)の血統、國信滿厩舎所属の牝馬。勝利騎手は山口竜一。


〈金沢〉
 今日18日、金沢競馬場(雨 不良)で行われた第1競走、2歳戦(1500m 7頭)は、1番人気のハヤテヤブサメオーが1分40秒8の時計で勝った。ハヤテヤブサメオーは父バチアー母フジノエメラルド(母の父カコイーシーズ)の血統、宗綱泰彦厩舎所属の牡2歳馬。勝利騎手は吉原寛人。通算成績は7戦4勝。

 金沢競馬第2競走、2歳戦(1500m 8頭)は、1番人気のコクサイターボが1分41秒9の時計で初勝利を挙げた。コクサイターボは父メジロライアン母ビクトリートースト(母の父ミスターシービー)の血統、赤間亨厩舎所属の牡2歳馬。勝利騎手は兵庫・寺地誠。

 金沢競馬第3競走、2歳戦(1400m 9頭)は2番人気のローリエダイヤが、1分34秒7の時計で8戦目で初勝利を挙げた。ローリエダイヤは父へクタープロテクター母クインテスハート(母父サクラダイオー)の血統、高橋俊之厩舎所属の牝馬。勝利騎手は吉原寛人。

〈船橋〉
 今日18日、船橋競馬場(晴 良)で行われた第1競走、2歳戦(1200m 8頭)は、4番人気のエリカが1分14秒9の時計で初勝利を挙げた。エリカは父キングヘイロー母マイネレジーナ(母の父サンデーサイレンス)の血統、新井清重厩舎所属の牝2歳馬。勝利騎手は笠野雄大。通算成績は9戦1勝。

 船橋競馬第2競走、2歳戦(1500m 9頭)は、2番人気のエアキャネルが1分35秒4の時計で初勝利を挙げた。エアキャネルは父エアエミネム母エアミジェーン(母の父サンデーサイレンス)の血統、岡林光浩厩舎所属の牡2歳馬。勝利騎手は張田京。通算成績は3戦1勝。

 船橋競馬第10競走、JRA指定競走の2歳戦、ジュメイラビーチカップ(1600m 10頭)は3番人気のフレンチマリーが、1分41秒2の時計で勝った。フレンチマリーは父フレンチデピュティ母ノンストップレディ(母父ノーザンテースト)の血統、出川龍一厩舎所属の牝2歳馬。勝利騎手は御神本訓史。通算成績は6戦2勝。

〈園田〉
 今日18日、園田競馬場(曇 稍重)で行われた第3競走、JRA認定の2歳戦、ファーストトライ(820m 8頭)は、4番人気のジムカーナが50秒9の時計で初勝利を挙げた。ジムカーナは父ジョリーズヘイロー母オグリファッション(母の父ラシアンルーブル)の血統、中塚猛厩舎所属の牡2歳馬。勝利騎手は高馬元紘。

(担当:木和田篤)