11月11日(火)「浦和記念(浦和)の地方選定馬発表」他 [全国競馬情報]
2008/11/11(火) 21:10


●●浦和記念(浦和)にキングスゾーンなど登録●●

 11月26日(水)に浦和競馬場で行われるダートグレード競走=第29回彩の国浦和記念(JpnII・2000m・1着賞金4000万円)の地方からの出走予定馬、補欠馬が以下のように発表された。南部杯で地方馬最先着(4着)のキングスゾーンなどが登録している。既に発表されているJRAからの選定馬とあわせた出走予定馬は以下の通り。

★JRAからの出走予定馬(出走枠 3頭)
スマートファルコン   牡3 岩田康誠
トーセンブライト    牡7
フィールドルージュ   牡6

※補欠馬(補欠順位順)
キクノサリーレ、ヤマトマリオン、スウィフトカレント、ユビキタス、タケミカヅチ

★南関東以外の地区からの出走予定馬 (出走枠 2頭)
キングスゾーン(愛知)   牡6
モエレトレジャー(兵庫)  牡7

※補欠馬(補欠順位順)
オグリオトメ(笠松)
シルクアヴァロン(笠松)
ケイエスゴーウェイ(高知)
イシノファイター(高知)
ミツアキタービン(笠松)

★南関東からの出走予定馬 (出走枠6頭、登録24頭)
アンパサンド(川崎)     牡4
エスプリベン(川崎)     牡4
クレイアートビュン(浦和)  牡4 ※埼玉栄冠賞1着で優先出走権あり
コアレスタイム(船橋)    牡10
コアレスデジタル(船橋)   牡8
ゴッドセンド(大井)     牡6
ショーターザトッシ(大井)  牡6
ディアヤマト(大井)     牡3
ドリームスカイ(川崎)    牡3
ナイキアースワーク(船橋)  牡5
ナイキアディライト(船橋)  牡8
ベルモントストーム(船橋)  牡7
マズルブラスト(船橋)    牡6
マルカカイゼル(浦和)    牡9
ルースリンド(船橋)     牡7
レッドドラゴン(大井)    牡4

※以下の6頭はA2格付
カネゼンクラウス(船橋)   牡5
ギャンブルオンミー(船橋)  牡3
ジルグリッター(船橋)    牡3
トーセンベルボーイ(浦和)  牡6
ナイキコランダム(船橋)   牡6
リンカーンスター(大井)   牡8

※以下の2頭はA3格付
クラシックムード(川崎)   牡5
ヤマトタケル(船橋)     牡5


●●明日の大井競馬場ではLJS2008告知イベント実施●●

 金沢、高知、荒尾の3競馬場を転戦し、各ラウンド2レースずつの合計6レースのポイント制で総合優勝を争う女性騎手ナンバーワン決定戦「レディースジョッキーズシリーズ(LJS)2008」が18日(火)に金沢競馬場を皮切りにスタートする。
 この「LJS2008」をアピールするため、明日12日(水)14時40分頃から18時頃にかけて、大井競馬場(うまたせハウス横)で現役女性ジョッキーによる「LJS2008開催告知イベント」が実施される。

 参加予定騎手は、皆川麻由美(岩手)・平山真希(浦和)・岩永千明(荒尾)の3名で、騎手服姿でLJS2008のガイドブックを配布するほか、サイン会やフォトセッションも予定されている。

(NAR地方競馬全国協会ホームページによる)


●●メトロポリタンノベンバーカップ(大井・準重賞)はブルーホーク5連勝●●

 第32回アジア競馬会議東京大会を記念して行われた大井競馬のメインレース=準重賞‘08メトロポリタンノベンバーカップ(指定交流競走、1800m・1着賞金900万円)は、2番人気のブルーホーク(坂井英光騎乗)が3番手から堂々と抜け出す快勝で5連勝を飾った。目下7連勝中、通算12戦11勝の1番人気バグパイプウインドは中団から追い込んだが3馬身差の2着。3着はリワードアルビオンで3着までを地元大井勢が占めた。
 勝ったブルーホークは父ブラックホーク、母エンゼルプリンセス(その父ロイヤルスキー)という血統の4歳牡馬で、大井の月岡健二調教師の管理馬。3歳時にはクラシック戦線に乗れなかったが、条件戦で勝ち星を徐々に積み重ねて夏以降は連勝を順調に伸ばして来ていた。通算成績は14戦10勝。


●●2歳戦の結果●●

<門別>
★JRA認定未勝利戦のアタックチャレンジ(1700m・1着賞金150万円・出走12頭)は、1番人気のツクシヒメ(廣森久雄厩舎、五十嵐冬樹騎乗)が好位から抜けて4馬身差で快勝した。父カコイーシーズ、母オペラハナミ(その父オペラハウス)という血統の牝馬で通算成績は4戦2勝。

・このほかに一般未勝利戦が2レース行われ、マジックマイルズ産駒の牡馬モエレカンパニーと、スマートボーイ産駒の牡馬ジュクチョウがそれぞれ1番人気に応えて勝った。

<大井>
★特選競走(1着賞金200万円)が2レース行われた。第5レース(1400m・14頭)は、1番人気ジーエスタイムリー(武智政明厩舎、達城龍次騎乗)が逃げ込みを図るビービーデュークをゴール前で捉えて勝った。父プリサイスエンド、母マジョリック(その父Irish River)という血統の牝馬で通算5戦目での初勝利。なお、この勝利で達城騎手は通算100勝を達成した。

・第6レース(1600m・13頭)は、北海道からの転入初戦だったツインダイヤ(武井榮一厩舎、真島大輔騎乗)が後続を4馬身突き放して逃げ切り人気に応えた。父ゴールドアリュール、母ハリスンマリー(その父ダイナガリバー)という血統の牝馬で通算7戦3勝。

<園田>
★キャリーアップ競走(1400m・1着賞金100万円)が2レース行われた。第4レースでは、1番人気のタガノデジタル(碇清次郎厩舎、木村健騎乗)が3コーナーで先頭に並びかけて押し切った。父アグネスデジタル、母タガノシャルマン(その父トニービン)という血統の牡馬で、通算3戦目での初勝利。

・第5レースでは、3番人気のテンザンイチロー(清水正人厩舎、下原理騎乗)が後方から大外を伸びて一気に差し切った。父ラムタラ、母ファウイノ(その父Fappiano)という血統の牡馬で、通算6戦目での初勝利。


●●交流競走の結果●●

★大井競馬場で行われたJRA500万条件馬と南関東B2・B3選定馬のアーバンステージ霜月賞(1200m・13頭)は、10番人気のセントエドワード(JRA)が勝って通算2勝目を挙げた。上位3頭は10→1→12番人気の順で3連単は78万円を超える高配当。


●●南部駒賞(11日・水沢)の出走予定馬発表●●

 11日(日)に水沢競馬場で行われる2歳重賞=第36回南部駒賞(デュランダル賞、地方全国交流・1600m・1着賞金500万円)の出走予定馬がきょう、以下のように発表された。ダートで4戦無敗のワタリシンセイキなどの地元勢に加え、ホッカイドウ競馬からアラベスクシーズ、モエレオフィシャルの2頭が登録している。なお、このレースの1着馬には、皐月賞(JpnI)のステップ競走への出走権が与えられる。

<第36回南部駒賞出走予定馬>
アラベスクシーズ(北海道)
モエレオフィシャル(北海道)
ワタリシンセイキ ※重賞若駒賞1着
ダンストンジール
フジフーフー
マヨノエンゼル
マーチボーイ
カミノフジ
センリグランビー
ワイエスラム
カヌマサクラ
テンショウスズラン
トウホクビジン
スマートスパークル

(岩手県競馬組合リリースによる)


(担当:大関隼)