【ファンタジーS】(京都)~ファレノプシスの仔アディアフォーンは僅差の3着に敗れる [News]
2008/11/09(日) 17:01


京都11RのKBSファンタジーステークス(2歳JpnIII・牝・芝1400m)は、13番人気イナズマアマリリス(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒7。クビ差の2着に5番人気ワンカラットが、ハナ差の3着に2番人気アディアフォーンがそれぞれ入線。

イナズマアマリリスは栗東・松元茂樹厩舎の2歳牝馬で、父スエヒロコマンダー、母イナズマラム(母の父ラムタラ)。通算成績は8戦4勝となった。

レース後のコメント

1着 イナズマアマリリス 池添謙一騎手
「スタートもよく、すっと逃げ馬の後ろにつけることができ、スムーズにレースを運ぶことができました。直線は外に出したら京都の軽い芝にも対応できたし、距離は延びても大丈夫だと思います」

2着 ワンカラット 藤岡佑介騎手
「道中、手応えよくレースをすることが出来ました。直線、自分の馬が行こうとしたところに、先に勝ち馬に入られて切りかえたロスが痛かったですね。でもこれだけのレースをして、あと1Fの延長は問題ないと思います。よく伸びています」

3着 アディアフォーン 安藤勝己騎手
「ペースが遅く、瞬発力勝負になって、この馬には厳しいですね。また切れる脚がないので、もう少し速く流れて欲しかったですね」

4着 ワイドサファイア 福永祐一騎手
「レースそのものはイメージ通り。もまれるレースでこの馬にとってはいい経験になりました。まだまだ途上中の馬、今日は経験の差が出たのかもしれません。でも能力はあります」

6着 セブンシークィーン C.ルメール騎手
「スタートは出ませんでした。そのあと折り合いを欠いて4コーナーでは手応えがよくなったのですが、届きませんでした。この馬に1400メートルは長いかもしれません」

9着 シルクナデシコ 小牧太騎手
「いつもあまりゲートの出がよくないのですが、今日は逆に出がよく、その分力んで伸びを欠きました」

10着 ナムラミーティア 四位洋文騎手
「間隔が空いていたし、流れも遅かったからね。しかも故障した馬が下がってきた時にブレーキをかけているからね。ただ賞金は持っている馬だし、次に向けてのレースは出来たと思います」

13着 プレザントブリーズ 和田竜二騎手
「外を回らされて、流れも遅かったですからね」